いかにしてソフトウェアのセキュリティを向上させるか? 最新のBSIMMレポートから読み解くソフトウェア・セキュリティをめぐる 現状と改善のための活動

参加枠申込形式参加費 参加者
1
先着順 無料 0人 / 定員20人

イベント内容

いかにしてソフトウェアのセキュリティを向上させるか?
最新のBSIMMレポートから読み解くソフトウェア・セキュリティをめぐる 現状と改善のための活動

概要

ソフトウェア開発におけるセキュリティの重要度は益々高まっています。

自社のセキュリティ対策はどの程度十分といえるか、どの様にロードマップを敷いて改善に取り組むべきか、こうした悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

シノプシスのBSIMM(セキュア開発成熟度モデル)は各国の企業・組織のソフトウェア・セキュリティの取り組みをデータ化し、それらと比較することで参考にすべきソフトウェア・セキュリティの取り組み、自社の立ち位置と改善ロードマップ策定に役立てるプログラムです。

最新のBSIMMから見えるソフトウェア・セキュリティの動向と、改善のための利用例を紹介するセミナーを実施します。

主な内容

時間|内容

  • ソフトウェア・セキュリティの最新トレンド、シフトレフトのその先?
  • BSIMMから見えた業種ごとのソフトウェア・セキュリティの特長
  • BSIMMの進め方と、改善活動への応用
  • Q&A

登壇者

日本シノプシス合同会社

ソフトウェア インテグリティ グループ

セキュリティコンサルティング マネージングプリンシパル

大森 健史

参加対象

  • セキュア開発に課題をお持ちの方
  • 開発のプロセス改善に課題をお持ちの方
  • セキュアな開発と開発の効率化の両立に課題をお持ちの方

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
本イベントは終了しました

類似しているイベント