【READYFOR】実践!フロントエンド分離戦略

イベント内容

イベント概要

READYFOR 株式会社が主催するエンジニア向けLT勉強会です。 vol.1 である今回は、「実践!フロントエンド分離戦略」と題しまして、Ruby on Rails で稼働しているサービスを Next.js を利用して分離することへの弊社の取り組みを発表いたします。 ゲストとして、「実践TypeScript 〜BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義〜」著者・Takepepeさんをお招きしています。

READYFOR Members

<登壇メンバー>

吉井健文 (Web Application Developer &フロントエンドアーキテクト)

Next.js を採用したアプリケーション設計・実装が主な業務。 著者「TypeScript3.4 型の強化書」「実践 TypeScript」

岡村謙 (Engineering Manager)

エンジニアリングマネージャーとして組織づくり、アーキテクチャー設計に関わる。フロントエンドからバックエンドまで幅広い技術を利用しプロダクト開発に従事。

江面陽一 (Front-End Engineer)

React、コンポーネント設計、CSS設計、Netlify が好き。 要素セレクタに敏感に反応します。 猫が好き。

大房 稜 (Front-End Engineer)

React、HTML、UIデザインが好き。 アクセシビリティおじさん。

菅原弘太郎 (Front-End Engineer )

React と TypeScript が得意。 モノリシックな Rails アプリケーションの分離に向け、日々 SPA の開発を行っている。 React Hook Form のコアコントリビューター。

当日のタイムスケジュール

時間 内容
19:25〜 受付開始
19:30〜 2019末から全体像を構想してどうしていくか検討した話(EM/岡村)
19:35〜 READYFORフロントエンド" の黎明 〜DesignSystem導入/READYFOR Elements誕生〜(FE/江面)
19:50〜 Next.jsの採用、アーキテクチャ関連(FE/吉井)
20:05〜 openapi と swagger TS codegen(FE/菅原)
20:20〜 READYFORのデザインシステムの課題あれこれ(FE/大房)
20:35〜 終わりのご挨拶(EM/岡村)
20:40〜 終了

当日のアクセス先

お申し込みいただいた方にZoomのURLをお送りします。

注意事項

・録音・録画はお控えください。
・当日参加できない方は必ず、connpass 上でキャンセル登録を行ってください。

READYFOR株式会社とは?

READYFORは 「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」 というビジョンのもと、新たな資金流通エコシステムの構築を目指しております。国内初のクラウドファンディングサービスとしてスタートした「READYFOR」はこれまで10,000件のプロジェクトを掲載し、総額約100億円の資金調達を実現してきました。

今後は資金調達に挑む各団体のデータベース構築・スコアリング機能の開発や検索機能の拡張、UXの改善などに取り組む他、クラウドファンディングの枠を超えた新規事業開発にも着手しております。 総額9.5億円の資金調達を実施し、新規プロダクトの開発やハード面を含めた環境投資を加速させているフェーズです。人材面では、スマートニュース創業初期メンバーの町野がCTOとして就任以降、元DeNAのリードエンジニア、元ゴールドマン・サックスのシニアエンジニア等、強力なメンバーが参画しております。

▽コーポレートサイト https://corp.readyfor.jp/

<参考資料>

▽CTO町野の記事 https://blog.readyfor.jp/n/n05c0a6b1a595

▽READYFOR Tech Blog https://tech.readyfor.jp/

▽新型コロナウイルス感染症に対する READYFOR の取り組み https://covid19.readyfor.jp

▽時代の流れが変化している今こそ必要とされる、READYFORのプロダクト開発 https://www.wantedly.com/companies/readyfor2/post_articles/242

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント