CI/CD、Docker、Gitを活用した次世代の開発ワークフローへ

参加枠申込形式参加費 参加者
オンライン開催
抽選制 無料 定員100人

イベント内容

CI/CD、Docker、Gitを活用した次世代の開発ワークフローへ

概要

IARビルドツール×C++testによる「ビルド&テストの自動化」

組み込みコードのサイズが大きくなるにつれ、開発チームはワークフローを改善し、生産性を向上させ、さまざまな安全およびセキュリティ規格への準拠を達成するためのコストを削減する方法を迫られています。そのような状況の中、Linux開発プラットフォーム、自動化、Gitベースのワークフロー、Dockerコンテナを利用したビルド環境、およびCI/CDは、チームが環境に組み込む重要なコンポーネントになりつつあります。

ビルドツールとテストツールがシームレスに使用できることが求められている中、この度、「C++Test」を販売するテクマトリックスとIARシステムズが共催で、最新の開発ワークフローへの統合を可能にする方法をウェビナーにてご紹介します。

本ウェビナーでは、IARシステムズのLinux向けビルドツールと、テクマトリックス社が販売する「C++Test」を連携させ、海外では一般的になりつつある、以下のような最新の開発ワークフローをご紹介します。

当日ウェビナーにご参加いただけない場合も、ご登録していただければセミナー後に録画ビデオのリンクをお送りします。

講師

IARシステムズ 技術部 岩野 歩
テクマトリックス社 ソフトウェアエンジニアリング技術一課 藤澤 克貴氏

アジェンダ

•IARビルドツールとC++Test静的解析ツールを備えたDockerコンテナの作成方法
•クラス最高のコンパイラと静的アナライザを備えた自動CI / CDパイプラインの価値
•コンテナ化されたツールがCI / CDパイプラインにどのように適合するか
•安全およびセキュリティコーディング規格への準拠のオーバーヘッドを最小限に抑える方法

参加費

無料

申込みは締め切りました

類似しているイベント