DevSecOpsとDevQualOps、シフトレフトと自動化 ― 米国CPSQレポートから見る、ソフトウェアの低品質によるコストと技術的負債とビジネスへの影響

参加枠申込形式参加費 参加者
1
先着順 無料 1人 / 定員20人

イベント内容

DevSecOpsとDevQualOps、シフトレフトと自動化

― 米国CPSQレポートから見る、ソフトウェアの低品質によるコストと技術的負債とビジネスへの影響

概要

米国はIT先進国と思われていますが、ソフトウェア開発の課題は万国共通であることがCISQ(Consortium for Information & Software Quality™)のレポート"The Cost of Poor Software Quality in the U.S.: A 2020 Report"によって明らかになりました。


米国で低品質なソフトウェアが生まれる背景を様々なデータを駆使して可視化し、経営者が理解しやすい「コスト」という形式で解説しています。また、このレポートでは技術的側面からのリスクや、将来に影響のある隠れたリスクを「技術的負債」として投げかけており、レポートを読み解くことで、皆様の組織でも低品質なソフトウェアによるコストとビジネス上のリスクを経営が理解することでこれらの課題を回避する糧になるはずです。

主な内容

- 米国CPSQレポートから学ぶ失敗事例とそのコスト換算
- 技術トレンドのメリットとリスク
- リスクを扱うためのシフトレフト
- Q&A

参加対象

・ソフトウェア開発に携わる方

・ソフトウェアの品質やセキュリティに課題をお持ちの方

・ソフトウェアの品質やセキュリティの向上の効率化に課題をお持ちの方

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
 

本イベントは終了しました