PCI DSS準拠に必要な脆弱性対応のベストプラクティス

参加枠申込形式参加費 参加者
無料参加者枠
先着順 無料 5人 / 定員50人

イベント内容

PCI DSS準拠に必要な脆弱性対応のベストプラクティス


概要

PCI DSSは、クレジットカード会員の個人情報を保護するための情報セキュリティ基準として策定され、すでに多くのクレジットカード関連のシステムが準拠しています。

しかしながら、準拠したシステムを開発するためには、設計、開発、運用などの各フェーズで対応が必要となり、特に開発フェーズにおいては各種脆弱性の検知のためのテストとその修正が大きな負担となっているのが実情ではないでしょうか。

本セミナーでは、開発ライフサイクルの中で適切なタイミングにPCI DSS準拠のために必要なテストを組込み、開発・テストをより効率的に実施するためのソリューションをご紹介いたします。

主な内容

  • PCI DSSの概要
  • 開発フェーズにおけるPCI DSS準拠への課題
  • 改善のためのソリューション活用方法
  • Q&A

登壇者

image

岡田 祐喜

日本シノプシス合同会社
ソフトウェア・インテグリティ・グループ セールス・ エンジニア

登壇者略歴
組み込み及びWebアプリケーション系のシステム設計・開発、アーキテクトとして従事したのち、現在はセキュリティ分野でセールス・エンジニアとしてアプリケーション・セキュリティ・テスト製品のビジネスに関わる。

参加対象

  • ソフトウェア・エンジニア
  • セキュリティ・スペシャリスト
  • 金融関連システムのセキュリティに携わる方

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。
本イベントは終了しました

類似しているイベント