【10/19無料】ビジネス・インテリジェンスなくしてDXなし。 “DX成功企業”が明かす、 BIツール活用のススメ。

参加枠申込形式参加費 参加者
無料参加
先着順 無料 0人 / 定員30人

イベント内容

ビジネス・インテリジェンスなくしてDXなし。  “DX成功企業”が明かす、 BIツール活用のススメ。

概要

「DX推進」の掛け声のもとクラウドを導入したにもかかわらず、期待していたパフォーマンスが得られない。その原因は、ビジネス・インテリジェンス(以下BI)が実現できていないからにほかなりません。

BIとは、「自社の現状を客観的なデータに基づいて把握したうえで、経営におけるさまざまな意思決定を行う」こと。つまり、クラウドによってデータを収集したところで、それを使いこなせなければ、絵に描いた餅。BIによってデータを分析・加工し、役立つ指標として活用しないことには、DXは道半ばなのです。

では、一体どうしたらBIを導入し、真のDX化を達成できるのでしょうか?
BIによって、業績のV字回復に成功した株式会社デジタル・クリエイティブ・ネットの草間氏が、いますべての企業にとって本当に必要なBIツールと、その活用方法について紹介します。


登壇者


草間 千恵

株式会社デジタル・クリエイティブ・ネット

登壇者略歴

明治大学院 会計専門職研究科を卒業後、大手国内連結会計ベンダーに入社しカスタマーサポート業務/社内外講師に従事。同社を退社後、父親が代表を務める株式会社デジタル・クリエイティブ・ネットにて新規事業の立ち上げに奔走する傍ら、国内大手ECカートベンダーにてカスタマー部門を3年間統括。
その後、株式会社デジタル・クリエイティブ・ネット内に自身の事業部であるDOA部門を立ち上げ独立。現在に至る。
Zohoとの関わりは古く、日本国内にてリリース当初に自社の管理部門に試験的に導入、本ツールを主軸に会社を再建したことに端を発する。会計の専門知識やECシステムの経験を生かし、Zoho CRMのみに留まらず会計システムや人事労務システム、RPAといったフロント業務からエンド業務まで一貫した導入・運用サポートを行えることが強み。




参加対象

  • グラフをまずは作りたい、なのに何故か作れない
  • Zoho Analyticsはどこまで分析できるのか、製品力を知りたい
  • 競合製品と比べたらどう違うのか
  • 何故BIが必要なのかを体感したい、社内に伝えたい  など

参加費

無料

詳細・お申し込み

https://www.zoho.com/jp/analytics/webinars/how-to-success-dx-by-business-intelligence.html

注意事項

  • 同業他社の方はお申し込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 本ウェビナーへは「詳細・お申し込み」ページよりお申し込みください。