【オンライン説明会】DXで宮崎のビジネスをアップデート MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD

参加枠申込形式参加費
一般
先着順 無料

イベント内容

概要ーCONCEPTー

人口減少や新型コロナウイルス感染症など、社会や事業を取り巻く環境が大きく変化する現在、
地域の自治体や企業は生き残り、持続的に発展していくための変革が今まさに問われている。

宮崎県庁によるサポートをはじめ、地域を代表する地場企業の協力のもと、
県内企業と全国のパートナー企業の共創により、デジタル・テクノロジーを活用した
新たなビジネスモデルの創出を目指すオープンイノベーションプログラム
『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』

地元宮崎に根差したビジネスを展開する県内企業とともに、
応募された事業アイデアから選出された企業が、2日間で共創ビジネスの骨格を創り、
その後、宮崎の地で社会実装に向けたインキュベーション・事業検証へと進みます。

デジタル・テクノロジーとの共創で、宮崎の、地域のビジネスをアップデートする。
皆様の事業アイデアをお待ちしております。

事前のオンライン説明会では、内容詳細についての説明のほか、質疑応答も広く受け付けます。
少しでも本プロジェクト参加にご関心のある方は、お気軽にこちらよりプロジェクトの詳細確認・応募申込をお願いします。

宮崎県でのBUSINESS POINT

「都道府県『幸福度』ランキング」で 2年連続1位に輝く宮崎県。
自然豊かな土地を活かした農業・漁業・林業・畜産業などの一次産業から、農産品加工などの第二次産業、フードビジネス、観光はもちろん、医療機器関連産業といったモノづくりまで、様々な産業が集積する特徴をもつ。

「日本のひなた宮崎県」というキャッチコピーに表されるように、南国情緒にあふれた気候で、プロ野球を筆頭にスポーツのキャンプ地としても有名。

一方で、宮崎県は進学・就職などで15歳~24歳の学生世代の県外への人口流出が顕著であり、若者労働人口流出が大きな課題となっている。

本プログラムを通じて先進的・魅力的な新機事業・ビジネスを創出し、県内産業の生産性向上、経済活性化はもちろんのこと、地元の若者の雇用やU・I・Jターン希望者の増加にも繋げていく。

MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILDとは?

ホスト企業である県内企業と共に2日間のBUSINESS BUILDでディスカッション・ビジネスプランのブラッシュアップを実施し、新たな事業の骨組みを創り上げます。
そこで採択されたパートナー企業は、宮崎県や地元サポーター企業の支援も受けながら、宮崎の地で社会実装に向けたインキュベーション・事業検証へと進みます。
デジタル・テクノロジーとの共創で、宮崎の、地域のビジネスをアップデートする皆様の事業アイデアをお待ちしております。
※プログラム詳細・エントリーはこちらからご確認ください。

説明会概要

開催日・参加費・参加方法

日時:2021/10/14(木) 16:30~18:20
会場:オンライン開催
参加費:無料
※参加方法は別途ご案内させていただきます

タイムテーブル

時間 詳細 登壇者
16:30~ Opening
16:32~ 挨拶 ■宮崎県庁
16:35~ Panel Discussion
「DXでローカルビジネスをアップデート 
ートップランナーが語る地域課題の最前線と未来予想図」
■株式会社EBILAB
常盤木 龍治氏
17:20~ プログラム説明
①全体について
■eiicon company 曽田 将弘
17:30~ ②テーマ・リソースについて ■テレビ宮崎
 谷之木 志章氏

■浅野水産
 浅野 龍昇氏

■マルイチ
 高木 資子氏

■マキタ運輸
 水元雅士氏
18:00~ Q&Aタイム
~18:20 Closing

※敬称略
※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。

主催-ORGANIZE-

PARTNER

SUPPORTER

Mentor

岡 洋

Spiral Innovation Partners LLP
代表パートナー

image

常盤木 龍治

株式会社EBILAB
最高戦略責任者
最高技術責任者

山口 高弘

GOB Incubation Partners株式会社
代表取締役

中村 亜由子

eiicon company 代表

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

募集テーマ

■テレビ宮崎
地域活性につながるメディアの新たな価値創造

テーマ 詳細
UMKグループが保有する
リソースの有効活用
・人流データとの組み合わせ等、UMKグループが保有するローカルエリアのデータと掛け合わせた新たなソリューション
・15万DLの実績を誇るUMKアプリを活用したローカルエリアのマーケティングを実現するサービス
・UMKアプリをプラットフォームとする新たな価値提供を実現するサービス
など
県外在住の宮崎県出身者も
繋がれるローカルコミュニティ形成
・県外からも地元イベントにバーチャルで参加できるサービス
・遠隔地からも地元農家や地元企業などの県内産業への支援や参画ができる仕組み
・ベトナム人を中心とした県内在住の外国籍の方々と地域の方々が繋がれるサービス 
など
ハイブリッドドローンを活用した、
非常時/平常時で活躍するソリューション・サービスの共同開発
・防災や災害救助でのドローンを活用したソリューション
・ドローン物流×メディアによる、新たな物流テックの価値提供に繋がるサービス
など

浅野水産

ー船舶ICT化の基盤構築、漁業の未来を切り拓くー

テーマ 詳細
沖合でのオンライン通信環境の構築 ・陸から離れた海域上でのオンライン通信環境の構築を実現するテクノロジー
・カツオやビンチヨウマグロなどの漁獲量・資源管理状況を記録するツール
など
テクノロジーを活用した船舶の機関業務の効率化 ・出入港時のエンジンの操縦や航海中の運転状況の確認、各種の計測装置を読み取り、機関室の機器の状態把握などの業務を効率化できるテクノロジー
・専門知識や技術、ノウハウの技術継承を効率化するソリューション
など
テクノロジー活用による
水産バリューチェーンの
再構築
・入港前に漁獲状況を可視化し、陸上とデータ連携できるテクノロジー
・漁場と市場の需給マッチングによって価格安定を実現できるソリューション
など

■マルイチ

ー生産者と消費者をつなぐプラットフォーム構築ー

テーマ 詳細
オーガニック食品や特産品の購買促進を実現するソリューション開発 ・オーガニック野菜の認知拡大、食材の活用方法の紹介など、購買促進につながるサービス
・利用者の行動変容を促し、食を通じた「安全・安心」や「健康」の価値提供を実現するソリューション
・需要予測と連動した生産計画、販売計画を実現するテクノロジー
など
サプライチェーン上での双方向コミュニケーションの実現 ・生産者、消費者のニーズや声を拾い上げる双方向コミュニケーションツール
・生産者の顔や食材の魅力を消費者に伝え、「美味しさ」や「安全・安心」の付加価値提供を実現するソリューション
など

■マキタ運輸

ーテクノロジー活用による物流現場のアップデートー

テーマ 詳細
物流現場のDX推進による業務効率化の実現 ・AIによる自動配車、GPSを活用した車両管理など、デジタル技術の活用による物流領域の業務効率化を実現するサービス
・画像認識やウェアラブルデバイス等、運送スタッフの健康管理や事故防止に繋がるテクノロジー
・顧客データの活用、リアルタイムでの需給予測、ダイナミックプライシングの導入など、お客様により便利にご利用いただけるソリューション
など
ドライバー・整備・倉庫業務のマニュアル構築と人材育成の効率化 ・新人スタッフに対する教育の習熟度UP、OJTを効率化するテクノロジー
・複数拠点に点在する新人スタッフに対して、各種業務マニュアルの確認を遠隔地からでもリアルタイムに実現するソリューション
など

プログラムスケジュール

  • 10月4日      エントリー開始
  • 10月14日      説明会@ONLINE ※本イベントとなります。
  • 10月29日        応募締切
  • ~選考期間~
  • 12月3日・4日    INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD※1.
  • 12月~         INCUBATION期間※2.
  • 2022年3月    DEMO DAY
  • ~社会実装・事業化へ~

※1. 2日間で共創ビジネスアイデアをブラッシュアップし、事業の骨組みまで創ります。
日時:2021/12/3(金)・12/4(土)
場所:宮崎市内にて開催予定
※COVID-19等の状況により、オンラインでの開催の可能性もあります。
※2.BUSINESS BUILD DAYSにて採択された事業アイデアはメンター・サポーター企業とともに
社会実装に向けたインキュベーション・実証実験を進めます。

類似しているイベント