【無料ウェビナー】不要なネット広告費削減と効率的な運用方法の紹介~反響型営業を作り出すPR・広告・マーケ戦略~

参加枠申込形式参加費 参加者
無料チケット
先着順 無料 2人 / 定員20人

イベント内容

【無料ウェビナー】不要なネット広告費削減と効率的な運用方法の紹介~反響型営業を作り出すPR・広告・マーケ戦略~

 

▼イベント概要


コロナ渦において、社内にある資産を効果的に活用しターゲットに応じてアプローチを最適化、反響型の営業をするためには、マーケティング思考、SNSの活用、広告の投下、デジタルの活用など、いわゆる購入までのプロセスを深く理解し、的確な施策を設計することが重要です。
そのためには、どのような戦略を立て、効率的に進めれば良いのでしょうか?

本セミナーでは、SNSを活用したPR手法/広告/デジタルマーケティングでいかに、認知を広め顧客からの問い合わせ(反響)を増やすのか、その具体的な取り組みや手法について、アイセールス株式会社、株式会社クリエル、株式会社BES、株式会社日本クラウディアの4社より事例を交えながらご紹介いたします。

 

▼こんな方にオススメです


  • 新規獲得がテレアポ/紹介のみの人海戦術だけの企業
  • SNSを効果的に活用し反響を増やしたい企業
  • コロナ渦でも業績を伸ばし続けたい企業

 

▼このセミナーで得られること


<第1部>SNSを活用した営業アプローチと反響のある投稿の作り方
〈株式会社BES〉

<第2部>TikTok広告で集客数・CV数アップ!
成功事例から学ぶ人気SNS広告の企業活用ノウハウ
〈株式会社クリエル〉

<第3部>商談率 約2倍UPの実績!見込み顧客の発掘・育成法に有効な
「デジタルを基軸とした営業体制の構築法」
〈アイセールス株式会社〉

<第4部>不要な広告費を削減する技術をご紹介
〈株式会社日本クラウディア〉

 

 

▼登壇者


 
image
株式会社BES
代表取締役社長   田中 千晶


2009年、大学在学中に会社を設立し、1年半で大手企業、中小企業50社と取引をする。 Webプロモーション支援を得意とし、特にSNS活用支援で多くの実績をもつ。2012年から全国各地でセミナーを精力的に実施。シリコンバレーのFacebook本社やTwitter本社へ毎年出向いて直接SNSの最先端情報を仕入れてきている。角川出版社、マイナビ社、技術評論社、翔泳社、インプレス社でマーケティング支援の書籍を6冊出版。連載も7社で行う。自身のラジオ番組、パーソナリティとしても活動し、SNSの最新情報を届けている。

 

 image

株式会社クリエル運用課 課長/WEBマーケティングアドバイザー   木村 正治


2016年にクリエルへ入社。 福岡ソフトバンクホークスのECサイト「ダグアウト」におけるWEB広告運用・コンサルティングの他、不動産・水道修理・住宅設備・金融など様々なクライアントのデジタルマーケティングを担当。 2021年現在まで、多様な業種においてWEBでの戦略策定から広告運用、コンサルティングまで幅広く支援に携わる。



image

アイセールス株式会社
セールス・マーケティング部 リーダー   茂木 優弥


アイセールス株式会社(旧:Marketing-Robotics株式会社)へ新卒で入社。セールスとマーケティングを兼任し、過去2年間で計45回のイベント企画を行い合計1,599名を集客。集客から営業までを一気通貫で行い、2021年には同部門のリーダーに就任。現在は中小企業向けにBtoBマーケティング/セールスの支援に従事している。

image

株式会社日本クラウディア
代表取締役   吹戸 尚之


中央大学商学部を卒業後、株式会社日本総合研究所にてシステムエンジニアとして従事。ホームセンター、SE人材派遣業などを経験し、2012年より「健康なインターネットを世界に!」をグランドデザインとする株式会社日本クラウディアを設立。不正クリック対策ツールX-log.ai、ポータルサイトのアクセスランキングを不正から守るランキングプロテクターなどを世に送り出す。


▼セミナー詳細


日時 2021年10月20日(水) 13:00~14:00

会場 ZOOM(URLは開催日前日までにお送りします)

費用 無料

共催  株式会社BES 株式会社クリエル アイセールス株式会社 株式会社日本クラウディア

※登壇順




【注意事項】
WEBのみの開催となりますので、ご了承ください。
競合、同業社様(求人広告代理店、ウェブ広告代理店等)のご参加はお断りいたします。
お申し込み後にやむを得ずご欠席される場合は、お手数ですが前日までに(info@bes-japan.jp 担当:須沢)宛にご連絡ください。