ソースコード自動診断サービスのご紹介

参加枠申込形式参加費 参加者
株式会社ブロードバンドセキュリティ
先着順 無料 0人 / 定員30人

イベント内容


ソースコード自動診断サービスのご紹介

概要

システムのリリースや、人事異動による新たな組織の発足に伴い不慣れな体制運用になりがちなこの季節。

セキュリティ対策が十分でないと、リリース直前での手戻りも多く発生してしまいます。
ソフトウェア開発・運用においては、より早期の段階で問題を解決する「シフトレフト」の考え方が重要です。
早い段階で脆弱性を作り込まない対策を施した開発を行えば、セキュリティリスクを低減させるだけでなく、品質向上、期間短縮、トータルコスト低減などの効果があります。

弊社の自動静的解析ツール「Cracker Probing-Eyes(R) Core」はソースコードに潜む脆弱性を具体的に特定することで、根本的な問題解決ができます。安価でできるツール診断により、スケジュールに余裕のない場合でもお気軽に、短時間で安全性の確認ができます。また新規設備投資も不要のため、コストや労力の削減にもつながります。

本ウェビナーでは、「Cracker Probing-Eyes(R) Core」のデモンストレーションを交えながら、弊社サービスについてご紹介いたします。

登壇者

山田 太郎

高橋 久司

株式会社ブロードバンドセキュリティ
セキュリティサービス本部 診断サービス部 部長

参加対象

  • エンジニア
  • 情報システム部門担当者

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。

類似しているイベント