AIビジネス創出ワークショップ

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
抽選制 無料 18人 / 定員50人

※ 抽選結果は、2021/12/02 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

AIビジネス創出ワークショップ

概要

AIを学んだ経験の少ない社会人や中小企業経営者を対象にマウス操作だけでAI(機械学習)を活用できるソフトウェアを用いて、AIモデル構築を体験頂きます。
体験だけではなく、自社の課題解決や新たなビジネス創出に向けて、独自の「AIテーマ選定フレームワーク」を用いてテーマを洗い出し、その実現可能性の検証までを行います。

<講座の特徴>
・ビジネスにおけるAI活用に特化した実践型のプログラムです。
・統計やプログラミングスキルが一切ない受講者でも安心!マウス操作だけでAI(機械学習)モデルが構築できるソフトウェア「AMATERAS RAY」を使い、予測モデルの構築を体験します。
・自社の課題解決や新たなビジネス創出に向けて、独自の「AIテーマ選定フレームワーク」を用いて具体的なテーマを洗い出し、その実現可能性の検証までを行います。

<募集概要>
形式:第1回オンライン開催(zoom)、第2回、3回リアル開催(会場:仙台市エルパーク)の混合形式 *新型コロナウィルス感染症の状況により全てオンラインとなる可能性も有り
人数:50名
場所:エルパーク仙台5階 セミナールーム
時間:レクチャー第1回:2.5時間x1回、ワークショップ第2回、3回:2.5時間 x 2回

<スケジュール>※ご参加難しい日程がある方はご相談ください。第1回は録画配信も予定しております。
第1回:12月7日(火)15:00〜17:30 オンライン(zoom) AIを体験し、ビジネスAI活用の基礎を学ぶ
第2回:12月17日(金)13:00~15:30 リアル開催(会場:仙台市エルパーク) ワークショップ①
第3回:12月23日(木)10:00~12:30 リアル開催(会場:仙台市エルパーク) ワークショップ②

<ご参考>
当プログラムにて創出されたアイデアを2月開催予定の以下アワードに提出することもできます!
「X-TECHイノベーションアワード」
社会課題や地域課題、それに紐づく個社のビジネス課題を、AIやIoTを活用して解決するソリューションについて、その内容やビジネス性を評価するコンテストをアワード形式で募集し、審査員による審査を行います。
発表会:2022年2月(予定)
対象 :AIやIoTを用いたソリューションとそれをベースにしたビジネスプラン
表彰 :大賞1件、優秀賞3件程度

【各講座の概要】
・第1回 AIを体験し、ビジネスAI活用の基礎を学ぶ
 :AI(機械学習)ソフトウェアを使い、予測や分類のAIモデル構築を体験し、その後ビジネス創出に向けて、独自の「AIテーマ選定フレームワーク」の考え方をレクチャーします。
・第2回 ワークショップ①
 :第2回までに自社の課題やビジネス創出のテーマについて「AIテーマ選定フレームワーク」に基づき考えて頂き、当日参加メンバーとディスカッションしながら理解を深めます。
・第3回 ワークショップ②
 :第2回の結果を社内に持ち帰り、特にデータの取得可能性について確認頂き、第3回では、参加メンバーとより粒度細かい記述レベルまで落とした成果物を作成する。

<本プログラムの開催概要>
主催:仙台市
企画・運営:仙台X-TECH推進事務局

応募要件

<仙台・東北に本社、もしくは主たる事業拠点がある企業・団体に所属する個人>
・AIのビジネス活用を目指す中小企業経営者
・AIビジネス創出を目指す法人の主にビジネスサイド(営業、企画、マーケティング等)の方々
・AIビジネス創出を支援するITベンダーのエンジニアの方々
*同じ企業・団体からのチームでの参加も歓迎します。その場合は個別にお申し込みいただいた上で、「申込内容確認」画面の「備考」欄に、「チームで参加」と明記してください。

持ち物

・各自PCをご準備ください(スペック要件特になし。ブラウザはChrome利用)

講師

高橋蔵人
株式会社aiforce solutions 取締役 COO
東北大学データ駆動科学・AI教育研究センター 特任准教授(客員)
外資系コンサルティング会社にて、内部統制や全社的リスク管理体制の構築・評価支援、マネーロンダリング管理体制構築支援、企業不正リスク評価などのコンサルティング業務に携わる。金融機関、ヘルスケア企業、総合商社等、多様な業種の業務・財務プロセスの内部監査にも従事。その後、70年続く伝統企業の取締役 経営企画事業部長として、戦略策定と実行に従事した後、aiforce solutionsの立ち上げに参画。現在はAI活用のコンサルティングや大学や企業のAI「活用」人材育成の教育講師を務め、2000名以上のAI活用人材を育成。

主催

仙台市「SENDAI X-TECH INNOVATION PROJECT」とは

仙台市をフィールドに、AIをはじめとする先端IT技術とさまざまな産業との掛け合わせ(X-TECH)による新事業の創出や、それをリードするAI人材の育成・交流により、テクノロジーの力でイノベーションを生み出し、次々とAIビジネスが生まれる「AI-Ready都市・仙台」の実現を目指すプロジェクトです。