SDGsとビジネスの海外展開~JICAと共創するイノベーションと新たな価値~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加
先着順 無料 4人 / 定員100人

イベント内容

SDGsとビジネスの海外展開~JICAと共創するイノベーションと新たな価値~

概要

既に世界人口の半分、GDP(国内総生産)の半分は開発途上地域が占め、年々その割合は増加しています。このため、ビジネスの観点からも生産拠点やマーケットとして開発途上地域との関係を深めることは不可欠になっています。

同時に開発途上地域は医療、教育、インフラ、環境、水供給、気候変動対策、デジタル化等多様な課題を抱え、SDGs(持続可能な開発目標)にチャレンジしています。残念ながら政府部門のみによる取り組みには限界があり、これら課題に対応するビジネス、民間企業のチカラが求められています。これは日本企業にとってのビジネスチャンスであり、更なる飛躍に向けたイノベーションの着火点とも言えます。

本イベントでは、開発途上国でSDGsへの貢献、ビジネスに取り組むにあたっての着眼点やビジネス展開のあり方について、JICAの民間連携事業を活用した企業の事例紹介、専門家との対話を行いつつ、紐解いていきます。

日程

2021年11月25日(木)
START:19:00/参加費:無料

◆参加方法
時間になりましたら、以下のURLにアクセスし本イベントへ参加してください
https://youtu.be/LLruHRr0LrA
※上記URLをクリックすると動画視聴サイト(YouTube)へ移動します

登壇者

◆Speaker
image

村上由美子

MPower Partners GP, Limited/ゼネラルパートナー

OECD(経済協力開発機構)東京センター元所長。内閣府、経産省、外務省など多くの審議会で委員を歴任。2016 年に上梓した『武器としての人口減社会』はアマゾン経済書部門にてベストセラーとなる。OECD以前は、主にニューヨーク及びロンドンのゴールドマン・サックス証券会社のマネージメント・ディレクターとして約 20 年間勤務。カンボジアの国連平和維持軍や、東カリブ海地域の経済開発援助にも携わった。現在はESG重視型グローバルVCファンド、MPower Partners を創業し、ゼネラルパートナーとして就任。

◆Speaker
image

田所雅之

株式会社ユニコーンファーム/代表取締役社長

これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。シリコンバレーのベンチャーキャピタルのベンチャーパートナーを務めた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めながら、事業創造会社のブルーマリンパートナーズのChief Strategic Officerを務める。世界で累計5万シェアされたスライド”Startup Science” の著者である。

◆事例企業
image

講談社:古賀義章

株式会社講談社/国際ライツ事業部

1989年入社後、週刊誌の記者・編集者として、国内外の災害や社会事件を担当。 2005年〜2010年、国際情報誌「クーリエ・ジャポン」を創刊し、編集長を務める。2013年、初の日印共同制作アニメ、インド版「巨人の星」を企画・プロデュース。2016年〜2019年、JICAの民間連携事業(BOPビジネス連携促進)で環境教育絵本「もったいないばあさん」を活用した絵本読み聞かせの調査を実施。2021年6月〜、厚生労働省・JICAと共催で漫画「はたらく細胞」の世界無料配信による新型コロナウイルス啓発活動。現在、JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」を活用し「インド国女性のエンパワーメントを推進するコミック普及・実証・ビジネス化事業」を実施中。

◆事例企業
image

ワンダーラボ:金成東

ワンダーラボ株式会社/開発マネージャー

2019年、株式会社ワンダーラボ入社。前職・丸紅株式会社では、バングラデシュなどでJICA鉄道ODA案件に従事。その海外での経験を元に、世界中の子ども達を対象とした教育に携わりたいと考え、ワンダーラボヘ参画。世界150カ国170万ユーザーを抱える知育アプリ「シンクシンク」の事業責任者を務める。現在は、JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」を通して、カンボジア国アプリ教材「Think!Think!」の活用による初等教育のSTEM学力向上に関わる普及・実証・ビジネス化事業と同国教育課題の解決にも取り組む。

◆Facilitator
image

長野智子

フリーアナウンサー

1985年株式会社フジテレビジョンアナウンス部に入社。1995年の秋より、御主人のアメリカ赴任に伴い渡米。ニューヨーク大学・大学院において「メディア環境学」を専攻し、人間あるいは歴史に対して及ぼすメディアの影響について研究した。1999年5月修士課程を修了。2000年4月より「ザ・スクープ」(テレビ朝日系)のキャスターとなる。「朝まで生テレビ!」「ザ・スクープスペシャル」「報道ステーション」「サンデーステーション」のキャスターなどを経て、現在は自らも国内外の現場へ取材に出る傍ら、国連UNHCR協会報道ディレクターも務める。

◆JICA
image

原昌平

JICA/民間連携事業部 部長

海外経済協力基金採用。大蔵省(当時)出向などを経て1995年に復職、その後ニューデリー駐在。1999年から国際協力銀行(JBIC)にて、中央アジア・コーカサス向けの円借款等を担当。2008年から、国際協力機構(JICA)にてインド担当課長、総務部総務課長、イラク事務所長、国際援助協調企画室長、情報システム室長、南アジア部長などを経て2020年より現職にて、企業(中小企業・大企業)との連携による途上国の課題解決、途上国における民間企業の事業への融資・出資などを担当。

プログラム

◆Opening
本イベントの背景や概要、JICAの民間連携事業について

◆Keynote Speech
途上国におけるビジネスの現状と可能性を専門家の観点から提言

◆Case Study
JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」を活用している企業の事例を紹介

◆Inside Session
ビジネスのスペシャリストたちが一堂に会し、海外展開の実情や展望、進出のポイントを交えたトークセッション

◆Information
2021年8月に新設された「共創プラットフォーム」の紹介

主催

独立行政法人国際協力機構(JICA)