ユーザー理解に差をつける 心理学研究の「インタビュー」入門

参加枠申込形式参加費
オンライン参加
先着順 33,000円
クレジットカード払い

イベント内容

ユーザー理解に差をつける 心理学研究の「インタビュー」入門


概要

ユーザーの語りを通して「なぜ?」「どうやって?」という背景を深堀りしていくインタビュー。
日頃の業務で使っている方も多いですが,事前準備で何をしたら良いのかわからないインタビュアーの属人的なスキルに頼っている,といったお困りの声をよく聞きます。

心理学ではインタビューを通して質的なデータを得ることを「面接法」と呼びます。一般的なアンケート調査だけでは捉えきれない実態を把握し,その背景にある心理状況について考察することができます。

このセミナーでは,手続きが確立された研究法としての「インタビュー」を基本から学ぶことができます。
インタビューの準備から本番での質問の仕方,分析方法まで専門家が事例を交えてお話します。


お話する内容

1. 心理学研究法でのインタビュー=面接法
  面接法とはなにか
  面接法の目的
  面接法の種類
 
2. 面接法の進め方
  最初に決めるべきこと:リサーチクエスチョン
  分析方法
  調査対象
  サンプルサイズとサンプリング法
  スケジュールと予算
  面接場所
  インタビューマニュアルの作成

3. 面接法の分析
  面接法の分析方法の種類
  (一例)
  事例紹介:KJ法
  事例紹介:M-GTA
  事例紹介:TEA(TEM)

4. 質疑応答&イデアラボからのお知らせ

※ 当日お話する内容に若干の変更がある可能性があります

登壇者

image

児玉 茉奈美

博士(教育学)
株式会社イデアラボ
コンサルティング事業部 研究員

東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学後、山梨大学教育学部専任講師を経て、2018年より現職。2020年に東京大学大学院教育学研究科にて博士(教育学)取得。

専門領域は発達心理学、家族心理学である。母親や父親が育児中に抱く不安やその発達的変化・意義について、質問紙調査と面接調査を用いて研究している。

その他の所属として、明星大学や武蔵野大学、法政大学、昭和女子大学にて、心理学実験法、教育心理学、教育相談、家族心理学を担当している。


このような方にオススメです

  • マーケティングリサーチやユーザビリティなどに関わっている
  • インタビューとアンケートの使い分けを知りたい
  • インタビューデータの活用や結果のまとめ方を知りたい
  •  製品開発に活かせる心理学研究法に興味がある

(心理学に関する知識の有無に関わらず,理解していただける内容です)

参加費

1名様あたり33,000円(税込)

★受講者は後日,オンラインでの個別相談会に参加いただけます
資料は配布いたします(引用文献リスト付き)
アーカイブ動画は1週間限定で配信します

イデアラボとは?

イデアラボは,心理学に特化した「研究開発・R&D向け」のコンサルティング企業です。

研究員は全員心理学分野での博士号を持っており,企業の課題に対して心理学の視点でアプローチします。
「心や行動をデータで捉え,ヒトを科学する」というアカデミックな心理学の視点から,10年以上製品開発や研究のサポートを行っています。

過去の有料セミナーの開催レポートはこちら

よくわかるオンライン実験
https://note.com/idealab/n/ne6925c9bd3be

開発担当者向け心理学講座 〜実験計画編〜
https://note.com/idealab/n/n306b69b6116f

注意事項

  • イベント内容の録画,録音,撮影はお断りいたします

参加費のお支払いについて

本イベントの参加費は、クレジットカードでの事前支払いとなります。
ご利用可能なクレジットカードをご用意いただき、お支払い手続きを行ってください。