人を笑わせるAIをつくってみる AWS Summit 直前Special 電笑戦のモデルをつくる

イベント内容

当日一緒に作業されるご予定の方は上限緩和申請をお願いいたします!

いよいよ AWS Summit がやってきます。
Summit 初日の25日、Special Program として昨年の AWS DevDay で好評だったお笑い企画
ボケて電笑戦 がやってきます。
ボケて という遊びにAIが挑戦したらどうなるのか?という企画です。

サンプルボケ
(Photo by IHA Central Office, licensed under the Creative Commons Attribution License 2.0)

この特別編ハンズオンでは、公開済みの AI モデルをみなで学習させてみる作業を行います。 技術解説などもありますので、見るだけ参加も OK です。 是非気後れせずに参加してみてください!

講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン、ソリューションアーキテクト 針原さん Twitter: @_hariby

hariby

講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリスト 亀田 kame

必要なもの

  • AWS アカウント (事前の上限緩和申請が必要です。手順はこちら)
  • 最大数百円程度のAWS利用料金

注意点 登壇者による発表内容はアマゾン ウェブ サービス ジャパンとして主催しているものではなく、コミュニティ活動の一環として勉強会の主催を行っているものです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。