【プログラム説明会】佐川急便を中核とするSGホールディングスグループとの共創で、未来の社会を共に育む「SG HOLDINGS HIKYAKU LABO 2022」

2022/06/30(木)18:00 〜 19:30 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費
一般
先着順 無料

イベント内容

SG HOLDINGS HIKYAKU LABO 2022

佐川急便を中核とするSGホールディングスグループとの共創で、未来の社会を共に育む

プログラム説明会
2022/6/30(木) 18:00-19:30 @オンライン

概要

近年、物流業界を取り巻く環境は、カーボンニュートラルなど持続可能な物流への転換、
少子高齢化による将来的な労働人口減少への対応、国際物流やラストワンマイル需要の増加など、
過去に類を見ないほどのスピードで劇的な変化が起こっています。

SGホールディングスグループでは、
「Grow the new Story. 新しい物流で、新しい社会を、共に育む。」を
新長期ビジョンに掲げ、物流の改革の先に未来につながる価値の創出を目指していきます。

これまで佐川急便が「HIKYAKU LABO」で推進してきたオープンイノベーションの取り組みをグループ全体に拡大し、パートナー企業様と共に、SGホールディングスグループのリソースをフル活用して
物流業界だけでなく社会課題の解決や、新たな事業・サービスの創出に取り組みます。

今回のプログラムでは、国内グループ事業会社の10社が参画します。
各社の経営陣がコミットし、プログラムや事業化までの取り組みを、
全社一丸となって、スピード感をもって推進していく体制を構築しています。

多様なアイデアや先進的な技術を持つパートナー企業様からのご応募をお待ちしています。



事前のオンライン説明会では、内容詳細についての説明のほか、質疑応答も広く受け付けます。
少しでもプログラム参加にご関心のある方は、お気軽にご参加ください。

▶プログラム詳細はこちらから

タイムテーブル

時間 概要
18:00 オープニング
18:05 ご挨拶と「HIKYAKU LABO(概要やこれまで)」について
18:20 プログラム説明
18:25 質疑応答
18:30 募集テーマ説明
①先進的な技術・ノウハウを掛け合わせ、
 社会・サプライチェーン全体に新しい価値を創出
②モノの再利用や再生可能素材・クリーンエネルギーを活用
 した循環型社会の実現
③地方創生を主軸に社会課題の解決につながる
 新規事業の開発
④社会インフラとしての高品質な物流機能の安定供給
19:10 質疑応答
19:25 エンディング(応募について説明)

※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

SGホールディングス株式会社 
執行役員 経営企画担当 兼 経営企画部 部長 兼 IR室 室長 
藤野 博 氏  他

参加費・参加方法

無料
オンライン開催 (参加方法は別途ご案内させていただきます)

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

【SG HOLDINGS HIKYAKU LABO 2022】の募集テーマ

◆募集テーマ1:先進的な技術・ノウハウを掛け合わせ、社会・サプライチェーン全体に新しい価値を創出

<求めるパートナー(求める技術・サービス)>
#ドローン #電子決済 #決済サービス #センシング技術 #データ分析 
#クラウド情報管理 #プラットフォーム構築 #車両管理 #遠隔管理   #施設管理

<応募アイデア例>
○購入者にとって利便性の高い商品の買い方・受け取り方
○センシング技術を活用した車両整備の効率化
○購入者にとって利便性の高い商品の買い方・受け取り方

◆募集テーマ2:モノの再利用や再生可能素材・クリーンエネルギーを活用した循環型社会の実現

<求めるパートナー(求める技術・サービス)>
#廃品再利用 #中古品売買 #レアメタル回収 #再生可能素材 #木質素材 
#太陽光発電 #風力発電 #クリーンエネルギー

<応募アイデア例>
○法人や個人から回収した廃品・資源の活用
○循環型社会に貢献できるトラック(ボディ)の検討
○トラックを使ったクリーン電力発電の実現

◆募集テーマ3:地方創生を主軸に社会課題の解決に繋がる新規事業の開発

<求めるパートナー(求める技術・サービス)>
#地域活性化 #体験型サービス #健康増進 #コロナ対策 #木質バイオマス
#大型発電事業 #クリーンエネルギー #イベント支援 #スペースマッチング

<応募アイデア例>
○遊休資産を活用し、地方をさらに盛り上げるアイデア
○物流施設を活用したクリーンエネルギー発電事業
○withコロナにおけるイベントを通じた企業と地方の連携推進

◆募集テーマ4:社会インフラとしての高品質な物流機能の安定供給

<求めるパートナー(求める技術・サービス)>
#ロボティクス技術 #自動配送ロボ #自動積込ロボ #AI技術 
#インプットレス技術 #文書処理AI技術  #人材管理ツール

<応募アイデア例>
○荷役作業の自動化
○館内物流管理業務の自動化・効率化
○国際物流業務の文書作成・管理等業務の効率化
○物流業界の人材交流・育成・業務管理システムの構築


プログラムスケジュール

  • 2022/6/16:エントリー開始
  • 2022/6/30:プログラム説明会(ONLINE)
  • 2022/7/8:早期応募締切
  • 2022/7/31:最終応募締切
  • 2022/8月:書類選考・面談選考
  • 2022/9月上旬~2022/11月下旬:採択企業の決定・インキュベーション期間
  • 2022/11月下旬:DEMODAY


プログラム詳細はこちらから