OpenVINO™ ツールキット トレーニング

2022/09/27(火)13:00 〜 16:10 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
無料チケット
先着順 無料 1人 / 定員50人

イベント内容

OpenVINO™ ツールキット トレーニング

概要

「インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキット」は、アプリケーションへ組込んで利用しやすくするために、幅広い訓練済みディープラーニング・モデルを変換し、共通の API で取り扱えるようにするオープンソースの開発ツールセットです。これにより、インテルの CPU や GPU などを推論アクセラレーターとして利用して高い処理性能を発揮させることが可能となり、ラップトップや組込みないしミニ PC からオンプレミスまたはクラウドのサーバーまでのさまざまなシステムと、要件ごとのディープラーニング・モデルとの組み合わせを選択して、アプリケーションを配置または移行しやすくなります。

初期リリースから 3.5 年を経て 2022 年 3 月下旬に公開された新バージョン 2022.1 で、ツールと API をより使いやすくするための大きな変更が行われました。この前後半にパート分けしたセッションでは、改めて最新バージョンに基づいた情報をお届けします。

主催: エクセルソフト株式会社

本セミナーに関する詳細は以下をご参照ください。
https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/tech/seminar/openvino.html?s=techplay

タイムスケジュール

時間 内容
13:00 - 14:30 パート 1: OpenVINO™ ツールキットを導入する
前半パートでは、OpenVINO™ ツールキットに初めて触れる方向けに、ウェブブラウザーとインターネット環境のみで実行できるよう整備された Python* / Jupyter* Notebook ベースのデモ「OpenVINO™ ノートブック」とともに、OpenVINO™ ツールキットの位置づけ、機能、対応システム環境とインストール方法、さまざまな訓練済みモデルとデモ・ソースコードを提供しているオープン・モデル・ズーについて説明します。
前半の目標は、OpenVINO™ ツールキットによって実現されている多くのことを知り、またそれを自身でも再現できるようになることです。
14:30 - 14:40 休憩
14:40 - 16:10 パート 2: OpenVINO™ ツールキットを利用する
後半パートでは、OpenVINO™ ツールキットを用いたアプリケーション開発に取り組まれる方向けに、ディープラーニング・モデルを使う部分の開発作業を追いかけながら、OpenVINO™ ツールキットの各コンポーネントの適用方法とオプション、プログラミングに用いる OpenVINO™ ランタイム API (Python*, C/C++) とそれによる実行時の各デバイス (CPU、GPU など) の制御、モデル自体の最適化手段、OpenVINO™ ツールキットの関連ソフトウェアやツールについて説明します。
後半の目標は、何らかのディープラーニング・モデルを使うアプリケーション開発においての OpenVINO™ ツールキットの基本的な使い方を知り、次に行うべきことの情報を見つけられるようになることです。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

参加対象

  • ディープラーニングでのアプリケーション開発を目指すソフトウェア開発者

参加費

無料

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。