エンジニアの退職を防ぐためのコミュニケーション4つの手法

2022/08/03(水)13:00 〜 14:10 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加枠
先着順 無料 0人 / 定員10人

イベント内容

エンジニアの退職をおさえるためのコミュニケーション4つの手法

概要

水をそそぐより、まずはバケツの穴をふさぐことが重要です。
エンジニアの退職に悩む組織に対して、大きな予算をかけずとも退職率を抑える方法があること
本来辞める必要のないエンジニアがいて、コミュニケーションを通じて、そのエンジニアの退職をとめる方法があることをお伝えします。

一人当たりの生産性は、大企業において1,238万、中小企業において535万とされている
(参照:中小企業白書より)

エンジニア一人の退職を止めることで500万円の、本来失う必要のない利益が確保できる
採用費においても、本来掛ける必要のない10万~50万の経費を削減できます。


タイムスケジュール

時間 内容
12:45〜 受付開始
13:00〜13:10 ・なぜいま、退職防止が大切なのか
13:10〜13:20 ・採用と退職、どちらを優先すべきか
13:20〜13:45 ・退職をおさえるための具体的な4つの手法
13:45〜14:00 ・退職者の本音を聞く面談方法
14:00~14:10 ・アンケート回答

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者


桐生 宏樹

株式会社TEAM-IN(チームイン) 代表取締役

受講者9割が職場のストレス半減を実感した「エンジニア・コミュニケーションの専門家」


20代半ばまでで、トラブルを起こしつづけ3回転職。職場を転々とする。
その経験から、コミュニケーションを一から見直し、1日5時間を超える勉強を開始。
人生ががらりと変わる。

エンジニアの派遣会社時代には、「無断欠勤をくりかえす派遣社員を自宅で説得する」など、
社内コミュニケーションを強化することで、派遣社員の定着率が向上。
クライアントの絶大な支持を得る。その結果、全国表彰4回。全国34拠点で契約数全国1位を獲得。

社員を定着させてきた社内コミュニケーションのノウハウ広めるべく、
株式会社TEAM-IN(チームイン)を立ち上げる。上場企業をふくめ、4,500回以上の指導実績をもつ。
1on1面談、10分フィードバックなどコミュニケーションツールを駆使し、
表面的な内容にとどまらず、社内に入り込み改革をする手法で
退職率がわずか1年で7割改善。

メソッド導入後
「職場にいることが100倍楽になった」「わずか3ヶ月で成果が大いにあった」
など、称賛の声が絶えない。

モットーは「やれることを粛々とする」

参加対象

  • エンジニアの退職をとめたい方
  • エンジニアとのコミュニケーションを取ることが多い方
  • 製造業の方
  • IT業界の方
  • コミュニケーションが苦手な方


期待できる効果

  • コミュニケーションが苦手な人相手でもある程度とれるようになる
  • 耳が痛いことを誤解なく伝えたいときに、伝えることができるようになる
  • エンジニアの退職する前のサインが見抜けるようになる
  • 面談によって退職をおさえる方法を知ることができる
  • エンジニアやエンジニアとコミュニケーションをとる人々の余計なストレスを軽減する

参加費

無料

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。