2022年11月2日(水)開催! Jenkins day Japan 2022

2022/11/02(水)10:00 〜 17:30 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費
オンライン開催
先着順 無料

イベント内容

2022年11月2日(水)開催! Jenkins Day Japan 2022

概要

「CI/CD、DevOps、DevSecOps」のキーワードをテーマとして、「Jenkins」を活用した運用の紹介や、Jenkinsに限らず、「CI/CD」「DevOps」を組織的に取り組まれている企業様の事例をご紹介します。

開発の効率化・ソフトウェア品質の向上を目指されているソフトウェア開発者の方や、組織としてのDevOpsやデジタルトランスフォーメーションにご興味のあるリーダーやマネージャーの方におすすめのセミナーとなっています。多彩なゲストをお招きし、さまざまなテーマで講演をしていただきますので、ぜひご参加ください。

  • セミナー(Zoom)の入退室は自由です。
  • 申込された方には、当日参加できなかった場合でも、公開を許可された動画配信のURLをお伝えいたします。
  • セミナーの内容、スケジュールは変更になる場合がありますので、ご了承をお願いいたします。

招待講演

デジタル時代のアーキテクチャと開発組織(仮)
株式会社日本総合研究所 加藤 研也 氏

開発体験を改善する5つの実践テクニック
Launchable, Inc.  川口 耕介 氏

モンスターストライクとJenkins
株式会社ミクシィ 松原 信忠 氏

セミナー内容

<<1部講演>>

招待講演A-1 10:15 ~ 10:55
デジタル時代のアーキテクチャと開発組織(仮)
株式会社日本総合研究所 加藤 研也 氏

【概要】
伝統的な金融機関がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上で、克服すべき課題はたくさんあります。全く新しいビジネスモデルを実現するDX推進のみが注目されがちですが、既存IT資産のモダナイゼーションも非常に重要です。本セッションでは、こうした背景のもと、デジタル時代のアーキテクチャをどう捉えているのか、また、日本総研がどのような変革に取り組んでいるのか、をご紹介いたします。

招待講演A-2 11:05 ~ 11:45
開発体験を改善する5つの実践テクニック
Launchable, Inc.  川口 耕介 氏

【概要】
テストの自動化は済んだ。開発者の全てのチェックインに対してテストが走っている。人生は上々だ!...本当に?年商40億円のSaaS会社がテストの自動化をした後に何を発見したのか、そして彼らがどのような施策をしてテストをより効率的に、開発者をハッピーにしたのかを紹介します。

<<2部講演>>

招待講演A-3 13:00 ~ 13:40
モンスターストライクとJenkins
株式会社ミクシィ 松原 信忠 氏

【概要】
『モンスターストライク』のサーバーサイド開発では、CI/CD 環境として Jenkins を自分たちで運用しながら利用しています。どのような構成で運用しているのか、利用しながら生じた課題をどのように解決したのかを紹介します。例えば、Jenkins エージェントを自動でスケールさせるためのアプリケーションを自分たちで作っていることや、Jenkins のアクセス制御に自作のゼロトラストプロキシを利用していることなどをお話します。

主催者講演A-4 13:50 ~ 14:30
Jenkinsはもう古い?様々な角度から見たJenkinsの現状の紹介
テクマトリックス株式会社 長久保 篤

【概要】
言わずと知れたCIツールのJenkins。現在も世界中の多くのユーザーに利用されています。
登場から10年以上が経ち、「安定稼働するCI基盤」という立ち位置を確立している一方で、「他の新興のCIツールの方が良いのではないか」「もう時代遅れなのではないか」そういう考えをお持ちの方もいるかと思います。本セッションでは、さまざまな角度から近年のJenkinsを紹介します。

スポンサー講演B-3 14:40 ~ 15:00
CI/CD・DevOps環境を数時間で作成するテクマトリックスNEO ~ Jenkins連携もより簡単に ~
テクマトリックス株式会社 鈴木 航平

【概要】
テクマトリックスNEOは、日本にクラウドネイティブのテクノロジーをより早くより多く広めていくためのサービスです。クラウドネイティブ導入の伴走者として、初期教育から導入、運用まで幅広く支援をします。
本セッションではコンテナ化や自動化などといったクラウドネイティブのモダンな技術やSaaSなどのクラウドサービスと連携して、活用することが可能なテクマトリックスNEOについてご紹介します。

スポンサー講演B-4 15:10 ~ 15:30
CI/CDにサービス仮想化を統合!UIテスト、APIテストをシフトレフト
テクマトリックス株式会社 飯山 正史

【概要】
APIの開発や利用がDXへの取り組みやマイクロサービス化の推進で加速しています。アプリケーションの動作には複数のAPIとの連携が必要となるため、これらのサービス連携を含めた完全なテスト環境を素早く整備できない限り、テストが待たされることになります。
このセッションでは、テストのシフトレフトを可能にする「サービス仮想化」をCI/CDプロセスに統合し、バグを早期に発見するテスト戦略についてご紹介します。

招待講演A-5 15:40 ~ 16:20
Coming Soon

主催者講演B-4 16:30 ~ 17:10
Jenkinsの課題を一気に解決!ユーザー事例から見るCloudBees CIによるEnterpriseなCI/CD
テクマトリックス株式会社 橘 祐史

【概要】
JenkinsはCI/CDツールとしていまだに多くの開発現場の生産性向上に寄与しています。しかし、Jenkinsを長く利用し続けていると、運用面の課題が生じがちです。このセッションでは、開発現場においてよく発生するJenkinsの課題をCloudBees CIによってどのように解決できるのか、事例を交えてご紹介します。

参加費

無料

関連するイベント