Kubernetes/Fargateの導入・活用事例-カカクコム×CROOZ×ナビタイム-【TECHHILLS】

2022/11/30(水)19:00 〜 20:30 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 146人

イベント内容

Tech Hills
★クルーズ社では、2013年~2014年にかけて、平均400~500名を動員する大型技術イベント【TECH HILLS】(テックヒルズ)を定期開催しておりました。
本イベントは、上記の復活イベントの第四弾となります★
ハッシュタグは「#TECHHILLS」をお使いください!

概要

近年注目を浴びているDocker、Kubernetes、EC2、Fargateなどのコンテナ技術。

・大量のアクセスが生じた際に耐えられるシステムをつくりたい
・テストを自動化し継続的にデプロイできる状態にしたい
などは、プロダクトを開発する時に必ず検討することだと思います。

しかしコンテナ技術の活用・運用においては、デプロイやリソース監視面での課題がつきまといます。

本勉強会では長期運用プロダクトを抱える3社より、
KubernetesとFargateを活用することでどのような開発課題を解決できたのか?
運用のポイントやぶつかる壁、その乗り越え方についてお話します。

■リリースから15年以上が経過しサーバはオンプレで数百台、
 トラフィック量80億req/月を誇る「食べログ」のインフラをKubernetesへ刷新している事例
 -デプロイ/ロールバックに時間がかかったり無数の歴史的負債などといった課題に対して、Kubernetes化することでどう解決しているのか?

■年間取扱高230億円、UU数164万人が利用するECサイト「SHOPLIST」の
 管理画面やProxyサーバを中心にFargate上でコンテナ化した事例
 -Fargate化する上で、ドキュメントの少なさやデバックのしづらさといった苦労の乗り越え方

■月間5,100万UUを誇るナビタイムサービスにおいて、
 まだ社外に公開していないECS fargateを活用した負荷試験ツール運用事例
 -ECS on ec2やEKSなど他コンテナ技術も併用する中におけるECS fargateのメリットや運用ポイント

イベント終了後に、テックヒルズ-後夜祭-(任意参加)を予定しております。
後夜祭では、本イベントのような形式ばったものではなく、
ざっくばらんにお酒を片手に語り合う場を用意しています。
イベント中で話しきれなかった導入過程前後における裏話や、
実際に導入に関わったクルーズ社員をお呼びして近い距離で気軽にお話できる機会になります。
是非お酒を片手に後夜祭までお楽しみください!

※参加用URLは申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

食べログ on Kubernetes ~運用15年以上の大規模レガシーシステムをKubernetesに乗せていく~

株式会社カカクコム 食べログシステム本部 技術部 SREチーム 下國 峰昌
レストラン検索・予約サイト「食べログ」は、リリースから15年以上が経過した、歴史も辛みもあるWebサービスです。システムは、約20種類のサブシステムを持つ1つのMonorepoと、その他数十の独立サブシステムで構成されています。サーバはオンプレで数百台、トラフィック量は80億req/月。そんな歴史のある、大規模Webサービスのインフラを、いま順次Kubernetesへ刷新していっています。なぜやるのか、何から、どうやるのか、結果何が良かったか、何が辛かったか。戦略と戦術とその実際を、泥臭くご紹介します。
19:25~19:45

SHOPLIST.comでのFargate活用事例 ~検証から運用まで2年やってわかったこと~

クルーズ株式会社 執行役員 最高技術責任者 / CTO 鈴木 優一
当社では、2年前からサービスを構成するサーバのうち管理画面やProxyサーバを中心にFargate上でのコンテナ化を進めています。 今回のイベントでは当社でのコンテナ導入の背景やFargate運用上で発生した課題などについて共有したいと思います。
19:45~20:05

ECS Fargate spotを活用した負荷試験ツールを3年間運用して分かったこと

株式会社ナビタイムジャパン シニアエンジニア 萱島 克英
月間5,100万UUにご利用いただいているナビタイムサービスのバックエンドでは様々なクラウドサービス、CICDツールが利用されています。本セッションでは多くの活用事例のうち、まだ社外に公開していないECS fargateの活用事例(ECS Fargateを採用した経緯、デプロイフロー、メリット・デメリット、工夫した点)、EC2やEKSと比較した際の特徴についてお話させていただきます。
20:05~20:25 Q&A
20:25~20:30 クロージング
20:30~21:00 テックヒルズ【後夜祭】※任意参加

※タイムスケジュールは変更の可能性があります。

登壇者

下國 峰昌
株式会社カカクコム
食べログシステム本部
技術部 SREチーム
2019年にカカクコムへ中途入社。食べログシステム全体を見るSREとして、オンプレ/クラウド環境問わず、モニタリング、CI/CDの整備、仮想マシンやkubernetesクラスタの維持管理、パフォーマンスチューニングなどを行っています。
鈴木 優一
クルーズ株式会社
執行役員 最高技術責任者 / CTO
1983年生まれ。2008年にモバイルコンテンツプロバイダに入社後、マーケティング部門、システム開発部門でシステム企画・プロジェクトマネジメント業務に従事、2012年クルーズ株式会社に入社。入社後は技術統括部門の責任者として全社の開発平準化や採用技術選定、アーキテクト業務に従事のほか、品質管理部門やCS部門、人材育成部門の運営に携わる。2015年に執行役員就任。現在は最高技術責任者CTOとして、グループのIT技術・セキュリティ分野全般を担当する。
萱島 克英
株式会社ナビタイムジャパン
シニアエンジニア
2005年にナビタイムジャパンに入社後、ナビタイムジャパンが提供しているコンシューマ向けサービスのバックエンド開発・運用に従事。 オンプレ→クラウドへのシステム移行の主担当を経て、現在はナビタイムジャパンのSREチームリーダーとしてECS・EKSを利用したバックエンドサービス、CICD関連ツールの運用・改善を担当している。

参加対象

  • Kubernetes/Fargate活用に興味があるバックエンドエンジニア、リードエンジニア、インフラエンジニアの方
  • ”選ばれ続ける”プロダクト開発に取り組んでおり課題を抱いている方、他社事例を聞きたい方

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

関連するイベント