DevOpsにおけるテストの落とし穴とは?APIテスト自動化とサービス仮想化で解決!

2022/10/27(木)16:00 〜 17:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
オンラインセミナー
先着順 無料 0人 / 定員50人

イベント内容

概要

DevOpsとは、システムの開発側(Development)と運用側(Operation)で連携しながら、
変化に対して素早く・柔軟にシステムを対応していくための活動を意味します。
DevOpsはアジャイル開発等で広く取り入れられた考え方であり、先の予想が難しく
変化の速い現代において、ビジネス上の要求にシステムを素早く対応する場合に適しています。
また、DevOpsで検討すべき観点の1つに開発プロセスの自動化があり、一般的にAzure DevOpsや
AWS CodePipelineのようなサービスを利用してCI/CDパイプラインを構築します。

このCI/CDパイプラインでは、コードのコミット後からリリースまでの様々なプロセスが自動化されます。
このとき、テストに掛かる工数を削減するために、テストの実行を自動化するアプローチを採用することも多いですが、
適切なテスト手法を選択しなければ思わぬ落とし穴に引っ掛かる場合もあります。
特にAPI連携を伴うシステムでは、システム間でのデータ連携が必須であり、
それ故にテスト時に生じる課題もあります。

そこで今回は、DevOpsにおいてAPI連携するシステムをテストする際に起こり得る課題についてご紹介しつつ、
APIテスト自動化/サービス仮想化ツール「SOAtest/Virtualize」を用いたソリューションについてお届けします。

次のような方におすすめです。
・DevOpsにおけるテスト手法をお探しの方
・現状のDevOpsにおけるテスト手法に課題を感じている方
・今後、DevOpsでのテスト自動化を検討している方



DevOpsにおける開発にこれから取り組む方や、既に開発を実施しておりテストに関する
課題を抱えている方にとって、今後テスト戦略を練る上でご参考となるかと思いますので、
是非ご参加ください。

本セミナーは、Zoomを利用したWEBセミナーです。
お申込みいただきますと「参加者への情報」にURLなどが表示されます。

アジェンダ

時間 内容
16:00〜16:05 本セミナーの概要紹介
16:05〜16:30 DevOpsにおけるテストの落とし穴とは?
16:30〜16:55 APIテスト自動化/サービス仮想化ツール「SOAtest/Virtualize」によるソリューション
16:50〜17:00 質疑応答

お問合せ先

ご不明な点がございましたら、次のメールアドレスにご連絡ください。

parasoft-info@techmatrix.co.jp

関連するイベント