AWS Tech talk Night#4 ~アーキテクチャ道場&ライブコーディング!Infrastructure as CodeでSNS風Webアプリをデプロイしてみよう!~

2022/11/28(月)19:00 〜 20:30 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 208人 / 定員230人

イベント内容

概要

「AWSで動かしたいサービスがあるけど、アーキテクチャはどうする?それを実際に構築する方法もわからない…」
…そんな経験はありませんか?

昨今アプリとインフラの境界が薄くなってきている中で、
職種を問わず自らインフラ環境構築ができると便利なことは多いです。

Infrastructure as Code (IaC) を使えば、インフラ構築を自動化して作業の手間を減らすだけでなく、
静的解析や自動テスト、コードレビューなどのソフトウェア開発のプラクティスを適用することで、
アプリ全体の信頼性とアジリティを高めることができます。

AWSが提供するIaCツールの一つとして、AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) があります。
汎用プログラミング言語でインフラの構築やアプリのデプロイができるため、
アプリケーション開発のスキルを活用することができます。
また、インフラ構築のスキルをお持ちの方は、それを活かしてガードレールやテンプレートを作ることで
組織全体に貢献することもできます。

今回は、日頃さまざまなお客様の課題解決を支援しているソリューションアーキテクトと
プロトタイピングエンジニアたちが、「SNS風アプリを開発したい」という要望に対して
最適なアーキテクチャを議論し、その結果を基にAWS CDK でデプロイする流れを
ライブコーディングでお見せします。

「最適なアーキテクチャを決めるためにどのような議論をしているのか?」
「そもそもIaCって何?」
「IaCでアプリをデプロイするってどういうこと?」
「アプリケーションエンジニアでもインフラ構築できるの?」
といった疑問にお答えするセッションです。

初心者にも分かりやすく学べる機会なのでお見逃しなく!

※配信URLは、申込者に対し本ページ上「参加者へのお知らせ」にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜20:25

アーキテクチャ道場&ライブコーディング! (質疑応答含む)
Infrastructure as CodeでSNS風Webアプリをデプロイしてみよう!

高野 賢司
友岡 雅志
工藤 朋哉
吉川 幸弘
20:25〜20:30 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

高野 賢司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
ソリューションアーキテクト
2020年からAWS Japanに勤務。名古屋在住のソリューションアーキテクトとして、東海地方のこれからAWSを使い始めるお客様を技術面でサポート。 Infrastructure as Code (IaC)のスペシャリストとして、イベント登壇やBaseline Environment on AWS (BLEA)の開発も行う。AWS CDKが大好き。
友岡 雅志
アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
Prototyping Engineer
渋谷系IT企業から2020年にAWS Japanにジョインし、お客様のサービス開発初期フェーズを技術面で支援するプロトタイピングエンジニアとして勤務。もともとサーバーサイドエンジニアでしたが、最近はインフラはもちろんフロントエンドも多少書くようになりました。前職からのCDKユーザーで、業務の合間にAWS CDKへのコントリビューションも行っています。
工藤 朋哉
アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
Prototyping Engineer
メーカー系企業から2020年にAWS Japanにジョイン。プロトタイプ開発を通じてお客様を支援するプロトタイプエンジニア。CDKを触り始めてからInfrastructure as Code (IaC)の楽しさに目覚め、CDKに関する様々な活動をしています。
吉川 幸弘
アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
技術統括 西日本ソリューション本部
ソリューションアーキテクト
大阪で会社の創業期を経験後、2022年にAWS Japanへジョインしました。AWS CDKを用いてプロジェクトを成功させてきた経験を活かして西日本のお客様をサポートします。普段からコミュニティの運営やコントリビューションでAWS CDKの発展に貢献しています。

参加対象

  • ソリューションアーキテクトの課題解決プロセスを見てみたい方
  • 自分自身でインフラ構築を完結させることで開発を効率化したいアプリケーションエンジニアの方
  • アプリのデプロイ方法を知って、よりスマートなインフラ構築を行いたいインフラエンジニアの方

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

関連するイベント