TOP

【8/20(日) 開催】クラウド最先端技術 - TECH PLAY Conference 2017 -
クリップ
2017/08/20(日) 12:00 開催
東京都 渋谷

【8/20(日) 開催】クラウド最先端技術 - TECH PLAY Conference 2017 -

基本情報

日 時: 2017/08/20(日) 12:00 〜 21:15
会 場: TECH PLAY SHIBUYA
住 所: 東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
主 催: TECH PLAY
参加枠申込種別参加費定員
【終日】PayPal支払い 先着順 3,000円
PayPal支払い
24人 / 定員70人
【セッション1】Googleクラウド技術と導入事例 先着順 1,500円
PayPal支払い
1人 / 定員20人
【セッション2】AWSクラウド技術と導入事例 先着順 1,500円
PayPal支払い
4人 / 定員20人
【セッション3】MSクラウド技術と導入事例 先着順 1,500円
PayPal支払い
0人 / 定員20人
【終日】当日現金支払い 抽選制 5,000円
当日現金支払い
1人 / 定員30人
【セッション1】Googleクラウド技術と導入事例 抽選制 2,500円
当日現金支払い
0人 / 定員20人
【セッション2】AWSクラウド技術と導入事例 抽選制 2,500円
当日現金支払い
0人 / 定員20人
【セッション3】MSクラウド技術と導入事例 抽選制 2,500円
当日現金支払い
1人 / 定員20人
【終日】学生 抽選制 無料 4人 / 定員10人

※ 抽選結果は、2017/08/17 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

TECH PLAY CONFERENCE 2017
8/20(日) 開催
【 クラウド最先端技術 】

概要

クラウド技術の発展が著しい昨今。自社のシステムやサービスをクラウド化しようと考えている企業も少なくありません。
しかし、これから導入しようとする企業にとっては、まず何を検討をしなければならないのか?導入して何が変わるのか?そもそも導入するべきなのか?など、導入に至るまでに様々な障壁があることも間違いありません。

そこで本セッションでは、クラウドサービスを提供・導入している企業の方々より、最先端のクラウド技術とその導入事例をお話し頂きます。

タイムスケジュール

【セッション1】Googleクラウド技術と導入事例

時間 内容
12:00〜 受付開始
12:30〜12:35 オープニング
12:35〜13:05
Google Cloud Platform Overview
株式会社トップゲート sinmetal 氏
Google Cloud Platformにはどのようなサービスが存在するのか、そしてどのような思想で作られているのかをお話します。特にGoogle Cloud Platformの思想が色濃く出ているフルマネージドサービスであるGoogle App Engine, BigQueryはデモを交えてご説明します。
13:05〜13:35
Google App Engine を利用した、新規 Web サービスの立ち上げ方
株式会社ソウゾウ 主森 理 氏
株式会社ソウゾウは、親会社であるメルカリのアーキテクトとは大きく異なり、積極的に Google Cloud Platform を実務に採用しています。今回は、2017年5月にリリースした「メルカリ カウル」を題材に Google App Engine を利用した新規 Web サービスの立ち上げの事例をご紹介します。
13:35〜14:05
BigQueryで作るデータ分析基盤
株式会社Aiming 芝尾 幸一郎 氏
データ分析やビックデータという言葉をよく目にするようになった。しかし、ユーザーの行動ログを実際に貯め始めると意外と面倒なことに気づく。様々なデータ分析基盤作成の経験を元に、どのような落とし穴があり、どの様に回避したかを紹介する。
14:00〜15:00 懇親会

【セッション2】AWSクラウド技術と導入事例

時間 内容
15:00〜 受付開始
15:30〜15:35 オープニング
15:35〜16:05
AI/IoTなどのサービスを支えるAWSのマネージドサービス・サーバレスサービス
アマゾンウェブサービスジャパン 亀田 治伸 氏
本セッションではAIにおける画像認識の実案件のデモ、IoTサービスのアーキテクチャ紹介等を交えながらAWSの各種マネージドサービスのご紹介と開発のTipsなどをお話いたします。
16:05〜16:35
IoTオートスケレーションサービス enebularを実現するAWSの技術
株式会社ウフル 石川 悟 氏
弊社のサービスenebularはAWS LambdaとAWS IoTと連携する機能を備えております。なぜその機能を作ったのかの背景や技術仕様を中心に発表できればと思います。
16:35〜17:05
写真サービス「はいチーズ」rekognitionを利用した顔検索機能の事例紹介
千株式会社 宮里 新司 氏
AIによる画像認識サービスを使った写真サービスの紹介を通じて、実装の詳細や苦労話などをお話しいたします。
17:05〜18:00 懇親会

【セッション3】MSクラウド技術と導入事例

時間 内容
18:30〜 受付開始
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:35
Serverless Power of Microsoft Azure
日本マイクロソフト株式会社
In this talk we will cover Microsoft Azure Serverless Technology and in particular Azure Functions and Logic Apps. You will be able learn important design patterns for building Nanoservices powering your applications. We will show how easy is to start and develop complicated applications with the help of Azure Functions. Azure Functions is changing the way we develop apps and help us save time and money by going to production in a fraction of the usual time for very attractive cost.
備考: このセッションは米国本社のエンジニアより直接お話させていただくため、通訳無しとなります。
19:35〜20:05 ※ 調整中
20:05〜20:35 ※ 調整中
20:35〜21:15 懇親会

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

株式会社トップゲート
GAEマイスター
sinmetal 氏
Google App Engine が大好きで岡山県からやってきたエンジニア。Google App Engine での開発を得意とし、Google Cloud Platform 認定トレーニングの公認講師として活躍。GCPUG 東京オーガナイザーの1人。最近は golang がお気に入り。
主森 理 氏
株式会社ソウゾウ
ソフトウェアエンジニア
主森 理 氏
2011年4月に株式会社サイバーエージェントに新卒入社後、主にメディア事業に従事する。2015年7月より株式会社 AbemaTV に出向、サーバサイドの開発及び Scrum Master を担当した。2016年8月に株式会社メルカリに中途入社し、現在は株式会社ソウゾウにてサーバサイドエンジニアとして在籍している。2016年11月より、「メルカリ カウル」のサーバサイドの開発リーダ及び Scrum Master を担当している。
株式会社Aiming
リードソフトウェアエンジニア
芝尾 幸一郎 氏
Aimingというソーシャルゲームの会社で、データ分析基盤の作成とデータ分析を担当している。元々はメディアアートを学んでおり個人のプロジェクトとして法律の可視化を行っている。キャリアは、サーバサイドのエンジニアを皮切りに、複数社でデータ分析基盤の作成やデータ分析を行っている。
アマゾンウェブサービスジャパン
プロダクトマーケティング
エバンジェリスト
亀田 治伸 氏
シカゴ出身。認証系独立ASP→動画・音楽配信システム構築→決済代行事業者を経て現職。
株式会社ウフル
シニアアーキテクト
石川 悟 氏
2009年より独立系システムインテグレーターにて、Rails/Java開発、BPRコンサルティング、プロジェクトマネジメントなどに従事。2015年ウフル入社。クラウドアーキテクトとして複数のプロジェクトに参画する傍、2016年より自社製品開発に携わる。
千株式会社
SREチームリーダー
宮里 新司 氏
日本マイクロソフト株式会社
Senior Software Engineer and I work for Commercial Software Engineering, Digital Win Room Team
Kanio Dimitrov

参加対象

・クラウド技術に興味がある方
・クラウド導入を検討している方

持ち物

名刺2枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

【PayPal支払い】

・終日:3,000円(税込)
・1セッション:1,500円(税込)

【当日現金支払い】

・終日:5,000円(税込)
・1セッション:2,500円(税込)

【学生】

・全セッション:無料

※ 「PayPal支払い」の場合、弊社では領収書を発行致しません。決済後にPayPal社よりメールで発行される支払明細をご利用ください。
※ PayPal決済完了後は、如何なる事由であってもキャンセルおよび払い戻しは出来ません。あらかじめご了承ください。
※ 「当日現金支払い」の場合、領収書の発行が必要な方は受付時にお申し付け下さい。後日郵送等の対応は出来ませんので、当日中に必ずお受け取りください。
※ 学生の方は、受付時に学生証をご提示下さい。ご提示できない場合、ご入場をお断りさせて頂きます。
※ 請求書の発行が必要な方、組織単位での参加を検討されている方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。別途ご案内差し上げます。
※ 「全日程通し」チケットを購入されている方は、個別セッションへのお申し込みは不要です。

登壇企業

TECH PLAY Conference 2017 とは

IoT/クラウド/VR/○○×Techなど、日々進化するテクノロジーは様々な事業領域に進出しています。
本カンファレンスでは、最新のテクノロジーを実際に活用して事業を成功させている方々をお招きし、「テクノロジー」「デザイン」「ビジネス」の領域において、どのような世界を創り出そうとしているのか、私たちが明日から活用できる実践的な事例についてお話し頂きます。

【特設ページ】

TECH PLAY Conference 2017

【セッション内容】

8月20日(日)は 3セッション全てエンジニア向けの技術セッションです。
8月21日(月) 〜 25日(金) は以下となります。

【セッション1】マーケターやプロデューサー、経営者の方など、ビジネス向けセッションとなります。
【セッション2】プロダクトマネージャーやデザイナーなど、UIUXにご興味がある方向けのセッションとなります。
【セッション3】エンジニア向けの技術セッションとなります。

※ セッションによっては、30分ほど延長される可能性があります。
※ 毎セッション終了後、登壇者と参加者が懇親できる時間を30分〜60分ほど設ける予定です。

ハッシュタグ

#techplayconf2017 #techplayjp

スポンサー

注意事項

※ 開始直前は受付が大変混雑しますので、受付番号をお手元にご用意の上、余裕を持ってお越しください。
※ 「PayPal支払い」の場合、弊社では領収書を発行致しません。決済後にPayPal社よりメールで発行される支払明細をご利用ください。
※ PayPal決済完了後は、如何なる事由であってもキャンセルおよび払い戻しは出来ません。あらかじめご了承ください。
※ 「当日現金支払い」の場合、領収書の発行が必要な方は受付時にお申し付け下さい。後日郵送等の対応は出来ませんので、当日中に必ずお受け取りください。
※ 学生の方は、受付時に学生証をご提示下さい。ご提示できない場合、ご入場をお断りさせて頂きます。
※ 「全日程通し」チケットを購入されている方は、個別セッションへのお申し込みは不要です。

参加費のお支払いについて

本イベントの参加費は、PayPalでのお支払いとなります。
お支払いにあたっては、PayPalへのアカウント登録が必要となります。


PayPalでお支払いができない場合

PayPalお支払い手続きの画面上で、一部のお客様には『現時点では、PayPalアカウントを使用して支払いを実行できません。』などのメッセージが表示されることがございます。
この場合、お客様個別の状況によるもので、弊社では状況がわかりかねますので、PayPalヘルプセンターへ直接お問合せ下さい。

イベントに参加する
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
35人/定員230人
イベントに参加する
【募集期間】
2017/07/27(木) 18:16 〜
2017/08/20(日) 21:15

イベント参加者

タグに関連するイベント

2017/08/20(日) 14:00 〜 16:00
東京都 代々木八幡
2017/08/29(火) 19:00 〜 21:00
熊本県 花畑町
2017/09/16(土) 14:00 〜 18:00
石川県 金沢
2017/09/01(金) 18:30 〜 22:00
東京都 新宿

Facebookページ

TECH PLAYで申込可能なイベント