MobileApp Design #1 【Ionic Japan/JXUG共催】

イベント内容

2018年2月13日 好評のため、参加者枠を増やしました

イベント趣旨

モバイルアプリにフォーカスして、情報設計、UIの設計であったり、どういう意図でUIを変更してどうユーザに提供する価値が変わった、などの具体的知見を共有するイベントです。

現在、登壇者絶賛募集中です!モバイルアプリのUIをこうやって工夫したという経験談、またMaterial DesignやFlat Designのデザインガイドラインを読んでみた、などぜひ前でお話いただけましたら幸いです!

イベント運営

当イベントは、次のコミュニティが運営に関わっています(名前順)

タイムスケジュール

項目 時間
開場&受付 13:00 - 13:30
会場説明 13:30 - 13:40
IonicとXamarinの概要紹介 13:40 - 14:00
Material DesignとFlat Designの比較 14:00 - 14:40
休憩 14:40 - 15:00
実践から考える「UIデザインの前にやらないといけないIAとUX設計」 15:00 - 15:40
【Xamarin.Forms】デザインと「よしなに」する方法 15:40 - 16:10
休憩 16:10 - 16:20
LT(5-8本) 16:20 - 16:50
片付け・撤収 16:50 - 17:00
そのあとどっかで懇親会(任意参加) 17:00 - 20:00

セッション

IonicとXamarinの概要紹介

登壇者 Ionic Japan 榊原昌彦 / JXUG 田淵 義人

ハイブリッドアプリ開発フレームワークとしてIonicとXamarinとそのインパクトについてご紹介します。

Material DesignとFlat Designの比較

登壇者 JXUG 福田 / Ionic Japan 桑原

モバイルネイティブなデザインとしてMaterial DesignとFlat Designは当たり前となりました。このデザインルールに沿ってデザインを行うことで、ユーザはUIに学習コストをかけることなく、自然にアプリを使うことができます。 本セッションでは、それぞれのデザインを改めて見直したあと、実例から違いをみていきます。

実践から考える「UIデザインの前にやらないといけないIAとUX設計」

登壇者 Ionic Japan 榊原昌彦

UIデザインはユーザのファーストビューのインパクトを大きく変えるために重視しがちですが、アプリ開発・デザイン全体をみるとごく一部のプロセスであり、それはIAとUX設計に大きく左右されます。ちゃんとUIデザインをするための、IAとUX設計についてお話します。

【Xamarin.Forms】デザインと「よしなに」する方法

登壇者 ohtagawa

デザイナーがアプリのデザインを提案するフェンリルに所属する登壇者が、幾つかやってきたプロダクト内での経験から自分がやったことについてお話します。

LT

iOSのUI周りの開発Tips

登壇者 なかしょ

Sketchで実装しやすいデザインデータをつくる

登壇者 株式会社ディー・エヌ・エー 中江 亮

105問のエムグラム性格診断の離脱率を激減させてバズらせるUIのお話

登壇者 m-gram Inc. 松村有祐

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。