TOP

【1-2day】パ・リーグ×パーソル ベースボールデータハッカソン

【1-2day】パ・リーグ×パーソル ベースボールデータハッカソン

参加枠申込種別参加費定員
ハッカソン参加者(10月6・7日両日)
抽選制 無料 82人 / 定員20人
day2のみ参加希望者(10月7日のみ)
先着順 無料 55人 / 定員100人

※ 抽選結果は、2018/09/28 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

Alt text

【1-2day】
パ・リーグ×パーソル ベースボール データハッカソン

概要

野球の勝利にかかわる選手のパフォーマンスなどベースボールオペレーションの分析はもちろんのこと、ベースボールビジネスにかかわる貴重なデータを提供します。野球パフォーマンスだけでもなく、マーケティングだけでもない、未知の領域をハックするイベントです。パ・リーグの試合での勝利が球団価値をいかに高めるのか?野球の価値にせまるハッカソン。野球の経験がない方でも参加できるように、ベースボールオペレーションの丁寧な解説もあります。
※個人・グループのどちらでも参加可能です。

【参考:9月15日開催のプレイベントの様子】
スポーツ報知記事
日刊スポーツ記事
full-count記事

ハッカソンテーマ

いずれかの2部門に参加し、選出された上位3名/チームはアワードにて発表いただきます。さらにそれぞれの部門での優勝者には豪華賞品が!!

エンジニアリング部門:データから予測精度を競う
パフォーマンスとマーケティングに関する提供データから、「観客数」「EC購入金額」「学習データ」を予測し、その精度を競う部門です。

コンサルティング部門:データから新しい発見を導き出す
データから新しいアイディア価値を発想、創造し、ビジネス目線で分析を行う部門です。発表時には、球団経営者をオーディエンスと想定してプレゼンしてもらいます。

タイムスケジュール

時間 内容
day1(10/6)
9:30〜
開場・受付開始
day1(10/6)
10:00〜11:00
オープニング
day1(10/6)
11:00〜19:00
ハッカソン 1日目
選手の基礎的なパフォーマンス指標から、ベースボールオペレーションで知られる最新の指標を冒頭に解説。パーフォーマンスとマーケティングのデータを提供。統合して分析をおこなう野球データのハッカソンを実施。
同日終了までに、2部門のどちらに参加するか決めてもらいます。
day2(10/7)
10:00〜15:00
ハッカソン 2日目
データ分析、分析結果の発表。
day2(10/7)
15:00〜15:30
day2のみ参加者受付
day2のみ参加される方はこの時間にご来場ください。(両日参加者は休憩となります)
day2(10/7)
15:30〜16:30
キャリアセッション
野球データに精通するDELTA市川氏、ニュースアプリのデータにかかわるGunosy大曽根氏、異なる領域で活躍するデータサイエンティストのおふたりをゲストに迎え、データサイエンスの仕事にせまる。
野球データだからこそのデータサイエンスとは?
day2(10/7)
16:30〜17:30
ベースボール データハッカソン アワード
各部門の上位3名/チームから、各5分間発表、各3分間質疑応答してもらいます。対象者はキャリアセッション中の審査を経て、発表します。
day2(10/7)
17:30〜19:00
懇親会
各部門の優勝者の発表を行います。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

受講対象者

注1 2-3人のチームを組んでの参加可能です!
注2 ハッカソン両日参加希望者は、両日程に参加可能な方のみに限ります。
注3 day2のみ参加希望者は、10/7 15:00からの参加となります。(申込者には詳細メールにてお送りします)

受講したい方は誰でも応募していただいて結構です。
大学生・社会人は問いませんが、下記のような方々を想定したレクチャーであることをご了承ください。

  • データにかかわる仕事(研究含む)をしている方
  • エンジニアリングに関わる仕事(研究含む)をしている方
  • プログラムコードを書いたり、レビューするような仕事をしている方
  • 技術部門などのマネージャー、または、マネージャーを目指す方
  • 確率統計や機械学習を用いた研究をしている大学院生

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

登壇者

登壇者名

大曽根 圭輔 | OSONE, Keisuke

株式会社Gunosy

筑波大学大学院システム情報工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。学生時代はファジィ理論などのソフトコンピューティング技術の応用研究に従事。新卒で入社した㈱サイバードにてデータ分析部門立ち上げ等を担当。2015年に㈱Gunosyへ入社し、ユーザ行動解析、記事配信アルゴリズム改善を担当。現在はデータ分析部マネージャ。社外での活動として、データ可視化プロジェクトやハッカソンに参加し、総務大臣賞 (STAT DASHグランプリ2016) などを受賞。


登壇者名

市川 博久 | ICHIKAWA, Hirohisa

株式会社DELTA

埼玉県川越市出身。早稲田大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院法務研究科修了の後、司法試験に合格。NPBのデータをもとにした分析がきっかけで、株式会社DELTAの協力アナリストとしてwebサイト「1.02」や書籍『デルタ・ベースボールリポート1』(水曜社)、「数字で斬る2015プロ野球セ・リーグ編」(ベースボール・マガジン社)等に寄稿するようになる。現在は、埼玉県内の法律事務所にて弁護士として勤務する傍ら、データ分析記事の執筆、動画配信サービス「DAZN」で配信中の「野球ラボ」への出演等アナリストとしての活動を行っている。


登壇者名

鹿内学|SHIKAUCHI, Manabu. Ph.D.

パーソルキャリア株式会社 Innovation Lab.

大学院・研究機関にて認知神経科学の基礎研究に従事。ブレインマシンインタフェースの国家プロジェクト (参画プロジェクトの紹介動画)では、脳活動データの計測、機械学習による分析にたずさわる。また、脳活動データ活用の社会実装を検討する有識者会議での研究者窓口も務めた。生体データなどのパーソナルデータにおいて、倫理、法制、技術の観点からガイドラインを作成する議論に関わった。 2015年より、企業活動に軸足をうつし、人事データ分析ピープル・アナリティクスの新規事業開発にたずさわる。2017年には東京大学 経済学研究科 社内イノベーター特論で講義。Data Ship 新規事業開発メンバー。


持ち物

データハッカソン参加者のみPC
名刺1枚 ※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

Web Site & SNS

Web Site
Facebook
Twitter #DataShip

注意事項

応募後に欠席が決まった場合には必ずキャンセル対応をお願いします。理由不明な欠席があると、今後のサービス提供をお断りする場合もあります。皆様の同意を得た上で、共催企業:パシフィックリーグマーケティング株式会社へ受講者・聴講者の情報提供します。
本イベントは終了しました
2018/10/06(土) 10:00〜
2018/10/07(日) 19:00
本イベントは終了しました
参加者
137人 / 定員120人
会場
TECH PLAY SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F

グループ

主催