エンジニアとして食っていく方法 produced by TECH PLAY Academy

エンジニアとして食っていく方法 produced by TECH PLAY Academy

参加枠申込種別参加費定員
参加者
先着順 無料 68人 / 定員70人

イベント内容

Alt text

エンジニアとして食っていく方法
produced by TECH PLAY Academy

人気のため増枠しました!!

概要

「もっと技術を高めてWebエンジニアになりたい」
「こんなアプリを自分で作ってみたい・・!」
「給料あげたい!」
「自由な働き方をしてみたい」
「テスターからプログラマーになりたい!」

という話を聞くことがあります。 そんなことを少しでも考えたことがある方のために、どうすればそんなエンジニアに成長できるのか?というテーマのmeetupです!

今回は、大企業・スタートアップなど多くの企業の技術アドバイザーをしている及川卓也さん、美容師からトップエンジニアになった許直人さんと一緒に、どうすれば”活躍するエンジニア”になることができ、自由な働き方を手にいれられるのか? その秘密をシェアします。

当日は主催するTECH PLAY Academyから、Webエンジニアになりたい方への学習支援サービスのご紹介もします。(TECH PLAY Academyはパーソルキャリア株式会社と、シリコンバレーでGoogle, Facebook, Appleなど超有名企業への卒業生を続々輩出しているHack Reactorとの提携事業です。)

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:35 オープニング
19:35〜19:50 活躍するエンジニアの条件 及川 卓也さん
これからのエンジニアには何が求められるか?事業開発においてエンジニアがなぜ重宝されるのか?現在も、大企業からスタートアップまで10社以上の技術アドバイザリをされている経験からエッセンスを共有いただきます。
19:50〜20:05 美容師からエンジニアへの転身 許 直人さん
エンジニアへのキャリアチェンジする際にどうやって学んだのか?なぜエンジニアを選んだのか?美容師からエンジニアへ、さらにマーケティング、事業開発責任者になった経験を公開いただきます。
20:05〜20:15 TECH PLAY Academyのご紹介
20:15〜20:45 パネルディスカッション
パネリスト;及川卓也さん
パネリスト:許直人さん
モデレーター:片岡秀夫さん
20:45〜21:00 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

Alt text

及川 卓也氏

フリーランス エンジニアリング・プロダクトアドバイザー

早稲田大学理工学部を卒業後、日本DECに就職。営業サポート、ソフトウエア開発、研究開発に従事し、1997年からはマイクロソフトでWindows製品の開発に携わる。2006年以降は、GoogleにてWeb検索のプロダクトマネジメントやChromeのエンジニアリングマネジメントなどを行う。その後、スタートアップを経て、独立。現在、企業へ技術戦略、製品戦略、組織づくりのアドバイスを行う。

Alt text

許 直人氏

(株) GREE、(株) ループスコミュニケーションなどでのBizDev、コンサルティング、メディア運営などを経験。(株) IDOMでは日本初クルマのサブスクリプション「NOREL」を事業責任者として推進。20代で培ったプログラミングの経験と、30代で養われたマネジメントやコンサルティングの経験を活かし、コードの読める事業責任者としてビジネスサイド、開発サイドの両面から事業を推進。

参加対象

  • ウェブエンジニアになることを目指している全ての方
  • SierからWebへのキャリアチェンジを考えている方
  • プログラミングを本やオンラインで独学しているが、学習効果に不安な方
  • ウェブエンジニア/組み込み系エンジニアとして就職したが、自分のスキルアップに悩んでいる方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。

※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

持ち物

特に必要ありません。

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

本イベントは終了しました