TOP

【仙台市 × 楽天イーグルス】エンターテックアイデアソン

【仙台市 × 楽天イーグルス】エンターテックアイデアソン

参加枠申込種別参加費定員
一般
抽選制 無料 9人 / 定員40人

※ 抽選結果は、2019/01/26 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容


概要

IoTでさまざまなも人やモノがつながり、知識や情報が共有されることで、今までにない新しい価値を生み出す社会を目指すSociety5.0。

仙台市は、さまざまな産業×IT(X-TECH)による新事業の創出やそれをリードする人材の育成・交流により、テクノロジーの力で次々とイノベーションが生み出される、X-TECHイノベーション都市を目指しています。

今年は、仙台市×楽天イーグルスがコラボレーションし、「ファンをワクワク!させるスタジアムソリューション」、「まちをワクワク!させるコラボレーション」の2つのテーマで、スマートスタジアムから街に広がるエンターテックアイデアソンを開催します。

選ばれたアイデアは、実際にスタジアムや仙台市街での実証実験を進めていきます。

タイムスケジュール

<DAY1>  2019年2月2日(土)10:00~20:00

10:00~:趣旨説明・環境・データ・リソース説明 
球場施設見学など
12:00~:アイデアブレストレクチャー
13:00~:チームに分かれてアイデアブレストスタート ※適宜メンターに相談可
18:30~:中間メンタリング
20:00:一旦終了

<DAY2>  2019年2月3日(日)10:00~19:00

10:00~:追加情報レクチャー
10:30~:アイデアブラッシュアップ・最終発表準備※適宜メンターに相談可
16:00~:最終発表会
18:00~:表彰・講評
懇親会(希望者のみ)

※ 時間配分、内容は変更になる可能性がございます。

※アイデアソン詳細はこちらからご確認ください。

https://eiicon.net/about/entertech-ideathon/

参加メリット

①スタジアム or 仙台市街で実証実験

アイデアソンにて選出されたアイデアは、2019年の楽天イーグルス主催試合やスタジアム施設、また仙台市内の各スポットにて、実証実験を実施すべく進めていきます。

②スタジアム施設の活用

グッズや飲食販売、チケット売り場、客席等、実際のスタジアム施設の活用

③データの活用

試合、動員、ファンクラブ会員、スタジアムでの飲食グッズ購買、行政等の各種データの提供

④まちのスポットの活用

商店街、店舗、各種施設など仙台市の実証フィールドの提供

⑤サポーター

球団運営メンバー、楽天メンバー、仙台市職員によるアイデアブラッシュアップ、各種調整、その後のプロモーション等のバックアップ


●最優秀賞

スペシャルスタジアムツアー付野球観戦ご招待!+賞金20万円(凸版印刷賞)

●参加賞

アイデアソンにご参加いただいた方全員に、2019年に楽天生命パーク宮城で開催される楽天イーグルス1軍公式戦にご招待いたします。

持ち物

名刺(2枚以上)、PC、筆記用具

参加費

無料

主催

仙台市「SENDAI X-TECH Innovation Project」とは

仙台市をフィールドに、IoTやAI、VR/AR、5Gなどの先端技術とさまざまな産業との掛け合わせ(X-TECH)による新事業の創出やそれをリードする先端IT人材の育成・交流により、テクノロジーの力でイノベーションを生み出し、都市の体験をアップデートしていくことを目指すプロジェクトです。


注意事項

※応募・参加にあたっては下記規約へのご同意をお願いいたします。
https://eiicon.net/about/entertech-ideathon/assets/doc/entertech_ideathon_Terms.pdf
※東北地方以外の個人での参加者の方は、交通費・宿泊費を補助します。(上限3万円・口座振込)
 振込手続きのため、事前に参加票とマイナンバーをご提示いただきます。
※交通機関や宿泊施設は各自で手配をお願いします。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
イベントに申し込む
2019/02/02(土) 10:00〜
2019/02/03(日) 19:00
イベントに申し込む
【募集期間】
2018/12/13(木) 12:00 〜2019/01/25(金) 23:00
参加者
9人 / 定員40人
会場
楽天生命パーク宮城
宮城県仙台市宮城野区宮城野2-11-6

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。