【第1回】金融事業×人工知能コミュニティ

参加枠申込形式参加費 参加者
金融事業会社/非営利団体 ※懇親会費1,000円
抽選制 無料 48人 / 定員40人
主催者枠
先着順 無料 9人 / 定員10人

イベント内容

【第1回】金融事業×人工知能 コミュニティ

<理念>
・金融事業会社の"壁"を超えたノウハウ共有
・金融業界のデータサイエンスの発展

<大切にしていること>
   ・事業会社同士だから話せる、ぶっちゃけの"失敗談" "成功談" ※Sier、コンサル会社等の参加一切なし
 ・全員参加型、傍観者なし

<設立の背景>
 日本の金融業界では、全社的な人工知能(AI)活用が進んでいる事業会社は多くなく、グローバルに比して競争力が低調気味である。その課題の一つとして、金融業界特有の”壁”があり、業界内のノウハウ共有が進まない点があげられる。
 本コミュニティでは、本邦初となる「金融事業会社×人工知能」の集まりであり、データサイエンスの組織論や研究成果を共有することで、金融業界全体の底上げ、各事業会社の発展を狙う。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30〜 受付開始
19:00〜19:10

~オープニング~ コミュニティの概要
 三菱UFJ信託銀行 業務IT企画部 岡田 拓郎(発起人)

19:10〜19:30

<データサイエンス枠> 因果推論について
 三井住友ファイナンス&リース データアナリシス部 スペシャリスト 雪本 

データには様々な要素が混在しており、特定の要素の効果を簡単には測定できない。

そのようなデータから特定の効果を推定するために使われる手法を紹介。

19:30〜19:50

<組織論枠> 企業のデータ活用を加速するCoE組織と人材育成
 SBIホールディングス 社長室ビッグデータ担当 次長 佐藤 市雄

金融業界では日本初となるAI/データ活用のCoE組織を立ち上げた、SBIホールディングスの組織設計と人材育成事例を紹介。

19:50〜20:10

パネルディスカッション  ~金融事業と人工知能(AI)の未来~
 三菱UFJ銀行 デジタル企画部 上席調査役 島野
 明治安田生命保険 企画部 デジタルイノベーション開発室 越後谷 斉一 
 三井住友ファイナンス&リース データアナリシス部 シニアアナリティクスリーダー 佐藤 創

 モデレーター 三菱UFJ信託銀行 業務IT企画部 岡田 拓郎

これまで、金融事業では審査・運用分野を中心に統計解析の技術が発展してきたが、2017年頃から第3次AIブームのが始まり、様々な分野で人工知能(AI)が活用されるようになった。

そこで、現在のAIブームをどう捉えているか?
金融事業を発展させるためには、データサイエンスがどうあるべきか?
10年後、金融事業とデータサイエンス領域がどの様な進化を遂げているか?をディスカッション頂く。

20:10〜20:20

閉会&次回テーマ募集
三井住友ファイナンス&リース データアナリシス部 アナリティクスリーダー 南 哲嗣

20:20〜20:25 アンケート回答
20:25〜21:30 懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

幹事代表

岡田 拓郎

三菱UFJ信託銀行 業務IT企画部 岡田 Facebook

幹事

Image

三井住友ファイナンス&リース データアナリシス部 南 哲嗣

幹事補佐

SBIホールディングス 社長室ビッグデータ担当 鍋倉

 

参加対象
 ・コミュニティメンバーからの紹介制 (紹介者がいない場合は、お問い合わせ願います)
・金融事業会社(銀行、信託銀行、証券、リース、カードなど)
・マネージャ~次長、部長クラスの方
・データサイエンス、人工知能に関する業務に従事している方
・非営利の社団法人、官庁、大学等の組織に所属し、人工知能関連の業務に従事している方

持ち物

名刺1枚(受付でお渡し願います)

参加費

無料(懇親会参加の場合は軽食代として1,000円頂戴します)

注意事項

※ 当日の撮影、録音は原則禁止しています。
※ 金融事業会社以外の参加はお断りしています。
※ 主催者が許可した取材、メディアが入る場合があります。取材NGの方は事前または当日に主催者側
  に連絡願います。

 

本イベントは終了しました