失敗しない!商品企画・開発の進め方 ~Neo P7システム~

参加枠申込形式参加費 参加者
会場10名、オンライン(Zoom)20名
先着順 無料 5人 / 定員30人

イベント内容

失敗しない!商品企画・開発の進め方 ~Neo P7システム~

概要

産学協同プロジェクト110社以上の成功事例に裏打ちされた系統的な商品企画の方法の神髄を、事例を交えて丁寧にわかりやすくお話しします。明日から使えるヒントをお話ししますので期待してください。

ご参加方法

「オンライン(Zoom)のご参加」
お申込み後にご参加方法(Zoom)をお知らせいたします。

タイムスケジュール

時間 内容
14:30〜 受付開始
15:00〜15:50

1.商品企画に必要な3つの視点

・顧客の潜在欲求に合った仮説(ニーズ)を発掘する
・大量の商品アイデアを短時間に創出する
・科学的手法で最も売れる商品を抽出する

15:50〜16:40

2.Neo P7が成果を出した事例

・BtoBからBtoCへの事業参入
・働く女性のニーズに応える商品開発
・若者向け商品・サービス開発

16:40〜16:50

3.WAKU LABOの概要

16:50〜17:00 質疑応答、アンケート回答

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

神田 範明

神田 範明(かんだ のりあき) Profile

成城大学 経済学部 名誉教授
一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会 会長

セミナータイトルにあるNeo P7は、感動商品の創出、ヒット商品を生むためのシステムとして開発しました。上場大手企業からベンチャー企業まで、製造業・小売業・住宅・IT・エンターテイメント・鉄道・外食・地方自治体・その他サービス産業、B2B・B2C、製品・サービス・ソリューション、既存市場×既存商品改良/既存市場×新商品/新規市場×新商品、幅広く数多くの企業で活用・実践されています。産学協同の商品開発プロジェクトを110社以上経験しました。明日から使えるヒントを持ち帰っていただけるよう、丁寧にわかりやすくお話しします。

■商品企画指導履歴
産学協同商品開発プロジェクト110社以上(上場大手企業からベンチャー企業まで)を経験。
・韓国大手電気メーカーA社、日本向けPCと外部メモリーに関して実践研究。
・国内家電メーカーB社「女性向けステレオ」という新市場を開拓。
・国内OA機器メーカーC社、低迷していた同社の家庭用FAXをトップクラスのブランドに高める。
・国内3大自動車メーカーのすべてを指導。D社ではグループ会社も含めて統計解析(特に多変量解析)の指導に邁進、多数の研究開発・改善事例に関与しました。
E社では若者向けSUVの大ヒット車の開発に成功。
F社では女性向け自動車のコンセプト開発や色彩の影響に関する研究を指導。
・飲料メーカーG社、缶コーヒーに新たなコンセプトによる大ヒット商品を生みました。
・食品メーカーH社、ヘルシーで食べやすく便利な包装の肉まんを開発。
・文具メーカーI社、大人向けクレヨンという新市場を開拓、画期的ヒット商品を創る。

■主な執筆活動
「神田教授の商品企画ゼミナール」(日科技連出版、2013年)
「商品企画七つ道具実践シリーズ」全3巻 Ⅰ.はやわかり編 Ⅱ.よくわかる編 Ⅲ.すぐできる編 (日科技連出版、2000年)
「顧客価値創造ハンドブック」(日科技連出版)
「革新のための七つの手法」(日経BP社)
「商品企画のための統計分析―Rによるヒット商品開発手法」(オーム社)
「文科系のためのデータ分析入門」(同文舘)

JMLAでの主な担当講座
JMLA商品企画士マスター」
WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)」チーフアドバイザー

■経歴
東京工業大学、同大学院で経営工学を専攻、統計学、品質管理を研究。
その後、名古屋商科大学に勤務し、企業での商品開発に関する品質管理の体系化を経て商品企画の世界に入りました。1993年成城大学教授となってからは商品企画の手法を体系化した「商品企画七つ道具」を発表(1994年)、実践応用に邁進しながらも次々に手法の開発や改良に努め、神田ゼミを成城大学随一の存在に育て、有名企業との産学協同研究やコンサルティングに現在も休みなく奮闘しています。
2020年に立ち上げた、新商品/新事業企画・開発のための「WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)」ではチーフアドバイザーを務めています。

 参加対象

商品企画や新しいサービス開発、事業企画の系統的なやり方に興味をお持ちの方、スキルアップをしたい方

おすすめします、このような方に

・価値を感じて長く使ってもらえる商品を開発したい
・主力商品の販売量がピークを迎えている
・新規事業を立ち上げたいが、当たるかどうかわからない
・自社の商品が他社と差別化しにくい
・新商品のアイデアが乏しい
・外部の人とコラボレーションして新しい発想を得たい
・BtoC向けの商品開発をしたい
・独自技術から次の主力となる商品を開発したい

持ち物

お名刺、筆記用具

参加費

無料

特典

1.商品企画「Neo P7」システム開発者に直接質問できます。
2.オリジナル・ハンドメイド・テキスト失敗しない商品企画「Neo P7」11月17日バージョンを受け取れます。

期待できる効果

1.商品企画で失敗する理由が解る
2.自身の業務の質をより高められる
3.顧客ニーズをしっかりと捉える方法が解る
4.たくさんの質の高いアイデアを創出する方法が解る
5.検証方法が解る
6.自信を持って組織的に取り組めるようになる

主催

一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会
新商品/新事業企画・開発支援の『WAKU WAKU 創造 LABO』

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント