アジャイル開発を成功へ導く、開発組織改革 〜開発現場とビジネスサイドの分断をなくしDXを実現する〜

参加枠申込形式参加費 参加者
オンラインチケット
先着順 無料 10人 / 定員50人

イベント内容

アジャイル開発を成功へ導く、開発組織改革
〜開発現場とビジネスサイドの分断をなくしDXを実現する〜

概要

技術の進歩やニーズの多様化といった変化の激しい今、“不確実で激しく変化する環境”へ対応していくために、新規事業をスピーディに柔軟に創造することが求められており、それを可能にする開発手法として注目されているのが「アジャイル型開発」です。

従来のソフトウェア開発で採用されてきた「ウォーターフォール型」は、「既に正解があり、記述された正解をそのまま形にする」というものづくりであり、いかに効率よく作るかという観点が主眼でした。しかし、不確実性の高い現代においては、正解の見えないなかで手探りで進んでいくことが必要であり、事前に要件を固め切る必要があるウォーターフォール開発に限界を感じている開発部門も少なくありません。

ただ、これまで長年ウォーターフォール型で開発を進めてきた企業にとって、アジャイル型へのシフトは多くの課題があるのが現状です。アジャイル型開発の実践は単なる開発手法の変更ではありません。会社内の事業・プロダクト開発のプロセスや意思決定基準の改革を伴うものであり、開発現場の変革努力だけでは到底実現できません。開発部門・ビジネス部門・そして経営が一体となり、新規事業の生み出し方を変える挑戦なのです。

本セミナーでは、アジャイルを単なる開発手法としてでなく、時代に合った事業・プロダクトを生み出すために求められる「アジャイルな組織への変革」を深めていきます。

登壇者としてサービスや事業創出に必要な仮説検証とアジャイル開発の運営について深い知見を持つ市谷氏をお招きします。

著書の「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」、「チーム・ジャーニー」、「正しいものを正しくつくる」、「カイゼン・ジャーニー」では、市谷氏が実際に現場で実践してきたアジャイル開発や、チームマネジメント、組織作りの知見が広く公開されていますが、本セミナーではそれらの中から、アジャイル開発を成功に導くエッセンスをご紹介します。

また、Sun*からはスタートアップの設立や事業売却を経験し、現在は大手企業やスタートアップのプロダクトづくりをサポートする組織の責任者である船木が登壇します。創業以来、スタートアップからエンタープライズ企業まで、数々のアジャイル開発を支援してきた船木ならではの、価値創造を実現するためのアジャイル開発の実践方法をお伝えします。

こんな方におすすめ

  • 開発部門責任者
  • エンタープライズの新規事業・DX部門

など

ディスカッションテーマ

  • 各社の紹介
  • アジャイル開発とは何か
  • アジャイルの有用性と課題
  • アジャイル型の事業を生み出す組織への変革方法  など

    登壇者

    株式会社レッドジャーニー
    Energizer、 レッドジャーニー代表、政府CIO補佐官、founder of DevLOVE、
    「リーン開発の現場」翻訳者、「カイゼン・ジャーニー」著者、「正しいものを正しくつくる」著者
    市谷 聡啓 様(Toshihiro Ichitani)

    サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自らの会社を立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。

    株式会社Sun Asterisk
    Lean Startup Unit Manager
    船木 大郎(Funaki Taro)

    都立新宿高校卒。ゲームのディレクション・開発などを経験。スパイシーソフト株式会社では人気シリーズ「チャリ走」の開発に参加。その後、株式会社ユニコンを設立、COOに就任。プッシュ通知サービス「Fello」の立ち上げに開発設計・事業オーナーとして関わり、株式会社ジーニーに事業売却を行う。2017年7月よりSun*に参画、現在はスタートアップのプロダクトを成功に導くためのコンサルタントを担当。

    Sun* Inc.
    中野 崇 Takashi Nakano(モデレーター)
    ビジネスプロデュサー・ビジネスインキュベーター

    メガベンチャー企業で上海支社立ち上げ、SaaS型事業開発の責任者、統合マーケ部門(デジタル、イベント、PR)の執行役員、電通とのJVの代表取締役を歴任。現在はSun*のビジネスインキュベーターとして、大手~スタートアップなど、様々な企業のDX新規事業のエグゼキューションサポートを実施。本セミナーでは経営・ビジネス・開発現場を知る立場としてモデレーターを務める。

    主催

    株式会社Sun Asterisk

    「誰もが価値創造に夢中な世界」をビジョンに掲げ、2012年創業、現在4ヶ国、6都市にて1500名以上が在籍するビジネスにテクノロジーを実装することを強みとしたデジタル・クリエイティブスタジオ。最新テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)推進、0 to 1からのスタートアップスタジオ、プロフェッショナルなIT人材の育成を主な事業として展開。
    https://sun-asterisk.com/

    注意事項

    ※登壇者は、自宅からの参加となります。フリースタイルで参加者との距離感の近いイベントになると思われます。
    ※Zoomを使ったオンラインセミナーとなります。登録URLはメッセージにてお送りいたします。

    類似しているイベント