SoftBank,ヤフー,LINE TECH meet up―グループ3社のフロント/バック/アプリそれぞれの技術最新Topics大公開―

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 258人 / 定員500人

イベント内容

概要

本イベントはソフトバンク、ヤフー、LINEの3社が合同で開催する初めてのTechイベントとなります。
それぞれのエンジニアがどのような技術を使い、どういった体制で事業を作っているのかをお伝えします。
また、イベント中は常にご質問を受け付けているので、気になることがあれば、ぜひ聞いてください。
各社の登壇時間の中で回答させていただきます。

タイムスケジュール

時間 内容
18:00~18:10 オープニング
18:10~18:45

ソフトバンクが目指すデジタルプラットフォーム基盤

ソフトバンク株式会社 宮山 慎介
ソフトバンクでは、法人・地方自治体のお客様の個々の課題解決に加えて、将来の社会課題を解決するための統合的なプラットフォーム基盤の構築を目指しています。 これからのソリューションプラットフォームの設計・開発に必要な技術要素や活躍する社内エンジニア像について紹介します。
18:45~19:20

UPDATE JAPAN - 技術責任者が語る大規模サービス開発の魅力 -

ヤフー株式会社 杉本 務
ヤフー株式会社 手操 俊文
100以上のサービスを開発・運営するヤフーでは、一口に「サービス開発」と言ってもそこには多様な役割や働き方が存在します。 当日はヤフーを代表するサービスの1つである「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!検索」の技術責任者がそれぞれのエンジニアの業務内容や、技術的な特徴についてをお話しします。
19:20〜19:55

LINEが展開する多様な事業のサービス開発

LINE株式会社 大澤 和宏
LINE株式会社ではコミュニケーションアプリ「LINE」を機軸として、コミュニケーション・コンテンツ・エンターテイメントなど、様々な領域で事業を展開しており、それぞれの領域・フェーズならではの課題解決や挑戦を続けています。本セッションでは各事業のサービス開発に携わるエンジニアの業務内容や体制、技術的な特徴などについてお伝えします。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

宮山 慎介
ソフトバンク株式会社
2002年 ジェイフォン株式会社(現ソフトバンク株式会社)に新卒で入社後、モバイルネットワークのアプリケーションサービス基盤システムの要件定義・設計・導入を担当。4Gコアネットワーク(EPC)のプロジェクトマネジメント業務や、Voice/SMS over LTEを始めとしたマルチメディアサービスのIP化プロジェクトを完遂したのち、2016年より現在のIT-OTイノベーション本部に異動。新規コア事業のプラットフォーム企画・設計の責任者として、IoT/AI/データを活用した技術ロードマップの策定や統合デジタルプラットフォーム基盤の技術戦略・企画・アーキテクトを担当している。
杉本 務
ヤフー株式会社
2006年入社。Yahoo!オークション、Yahoo!ショッピングの開発に携わり、EC開発一筋。 現在はYahoo!ショッピングのバックエンド設計、UX設計の責任者として従事。
手操 俊文
ヤフー株式会社
2008年にヤフー入社。トピックスなどの開発に携わった後、ロコ責任者、MAPなどの開発部長を経て、2018年よりweb検索、MAPなどのテクニカルディレクター、VPoE、開発本部長を担当(現職)。
大澤 和宏
LINE株式会社 開発3センター サービス開発1室 室長
入社後、様々なLINE関連サービスの開発を担当し、2015年の開発開始時からLINE LIVEのサーバサイド開発を担当。現在はLINE MUSICなどのエンタテインメント系サービスやLIVE Commerce(仮称)の開発などを担当する部署の統括をしている。

参加対象

  • サーバーサイド
  • フロントエンド
  • iOS/Androidエンジニア

参加費

無料

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

類似しているイベント