【AEON DevDAY#1】3社の開発責任者/プロダクト責任者が語る!イオンが推進する新サービスにむけた開発チームの取り組み事例

参加枠申込形式参加費
一般枠
抽選制 無料

※ 抽選結果は、2021/11/03 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

概要

近年OMOなどリテールテックの波が次々と押し寄せる中、小売企業各社は開発アセットを投資し様々な取り組みを始めています。約300社から成り立つイオングループでは横断的取り組みや各社独自の動きでさまざまなサービス開発を進めて参りました。約2万店舗、カード会員4613万人、従業員57万人、売上高も約8兆6039億円と、圧倒的なアセットをもつイオングループならではの開発をこれからも挑戦していきます。

今回は9月1日にイオンのトータルアプリ”iAEON”をリリースしたイオンスマートテクノロジー、ネットスーパーの展開を担うイオンネクスト準備、お客さまの最前線でテクノロジーを活用するイオンリテールの3社が新サービスに対してどのようなチャレンジと対峙しながらどのように開発に取り組んでいるか技術的内容を含め事例を共有いたします。

3社ともまだまだ開発発展途上であり、積極採用をおこなっております。当日後半では採用情報をご案内いたします。

【採用URL】https://aeon-recruit.snar.jp/index.aspx

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

iAEON開発チームの取り組み

イオンスマートテクノロジー株式会社
デジタルテクノロジーディビジョン ディレクター 北川 肇
イオンスマートテクノロジーではイオングループ全体の共通のタッチポイントとなるイオントータルアプリ"iAEON"を2021年9月1日にリリースしました。”iAEON”はAEON Payでの決済や、お持ちのWAONポイントの合算機能やお気に入りのお店のおトク情報をお知らせする機能など備えておりますが、さらにお客さまに新しい体験をご提供できるよう順次アップデートを進めてまいります。今回はプロジェクトの状況や今後についてお話しいたします。
19:25〜19:45

国内初!
ロボット×AIを駆使したネットスーパー事業を立ち上げるための取り組み

イオンネクスト準備株式会社 IT部長 駒場 光徳
イオンネクスト準備(株)では戦略的提携を結んでいるイギリスOcado Solutions社の最新テクノロジー(オートメーション化されたロボティクス、配送アルゴリズムの最適化)を活用しながら国内初となるロボット×AIを駆使したネットスーパー事業を2023年に開始します。日本国内の商慣習に合わせた仕組みにするためにどのような取り組みが必要なのか?同社が取り組んでいるプロジェクトや事例を紹介します。
19:45〜20:05

大規模ユーザーへ最適な商品を届けるお買い物アプリ開発の裏側

イオンリテール株式会社
営業企画本部 デジタル企画部 部長 松本 裕
イオンリテールではお客さまがご来店いただきたくなるアプリとそのコンテンツを“お買い物アプリ“上で情報を作りあげており、お客さまの動向にあわせ対応する開発体制を築く必要性があります。デジタルマーケティング、商品企画、お客さまのデータとどのように連動しアプリ開発を進めているのか?同社が取り組んでいるプロジェクト事例をお話しいたします。
20:05〜20:20

パネルディスカッション

20:20~20:55

Meetup座談会

20:55〜21:00 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

北川 肇
イオンスマートテクノロジー株式会社
デジタルテクノロジーディビジョン ディレクター
2003年 1月(株)QVCジャパン入社、 IT Managerとして新配送センターシステムや発注システム開発に従事。  2016年 9月イオンアイビス(株)入社し、WAONPOINT会員サイト、ネットスーパー、ECの開発に取り組む。  2019年 7月 同社デジタルソリューション本部 開発部長としてイオンネットスーパーを刷新。  2020年11月 イオンスマートテクノロジー(株)出向。2021年 7月 同社 デジタルテクノロジーDiv.ディレクターに就任。  開発部門の責任者として、スマートフォンアプリiAEONやビジネスプラットフォームの開発に取り組む。
駒場 光徳
イオンネクスト準備株式会社
IT部長
2017年よりイオン株式会社のIT改革プロジェクトに携わり、2019年から新ネットスーパー事業プロジェクトメンバーとして英国Ocado社と提携交渉を実施し戦略的なパートナーシップを実現。現在はイオンネクスト準備株式会社のIT部長として、Ocadoと共にイオンの新たなオンライン事業開発をリードしている
松本 裕
イオンリテール株式会社
営業企画本部 デジタル企画部
部長
大手IT企業を経て、2013年にイオンに入社。イオンリテール(株)ではPOSデータ分析基盤の構築、スマートフォンアプリの「お買物アプリ」の開発・運用を担当。リアルとデジタルを結ぶデジタルマーケティング実行や購買データを活用したメーカー様と共同マーケティングに取り組んでいる。イオンリテールで顧客データや購買データを活用したDXを担う。

参加方法

  • Zoomでの配信を予定しています。
  • イベント参加用URLについては、当選者のみに表示される当ページ上の「参加者へのお知らせ」エリアをご確認ください。(前日とイベント当日にメールでもご案内いたします。)

参加対象

  • アプリケーションエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • プロダクトマネージャー
  • データアナリスト

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。
  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

イオン株式会社
イオングループではDXの一環としてアプリ、ネットスーパーの開発など積極的に行っています。イオングループの膨大な顧客データやお客様データを用いてプロダクトを開発したい方はぜひ申込ください。