”行動” を見える化してパフォーマンスを劇的アップ!在宅でも使えるコンタクトセンター品質改善メソッド

参加枠申込形式参加費 参加者
参加お申込み
先着順 無料 1人 / 定員100人

イベント内容

概要

コロナ禍でも顧客応対を止めることのできないコンタクトセンターにおいて、カスタマーサポートの品質向上は重要な課題です。
本ウェビナーでは、当社独自のメンバー育成手法「VIM(Visualized Improvement Method)」にフォーカスして、品質管理プロセスの重要なポイントをお伝えします。
在宅運営を行っているコンタクトセンターでも活用できる、日々のメンバー育成やパフォーマンスの維持・向上に役立つ内容となっていますので、奮ってご参加ください!

プログラム

当社が独自開発した育成手法「VIM(Visualized Improvement Method)」を基に、コンタクトセンターのパフォーマンス改善について、具体的な方法をご案内します。

本ウェビナーでは、なぜVIMが有効な改善手法なのか紹介するとともに、普段の業務の中で役立つ具体的なテクニックも交えて解説します。

・パフォーマンスが改善できない場合の問題点とはなにか?
・メンバーの具体的な行動とは?
・「VIM(Visualized Improvement Method)」の紹介
・導入事例の紹介
・メンバー育成、品質改善における要点とは?

登壇者

大屋 隆

SCSKサービスウェア株式会社
第二事業本部 第一事業部 第一課(社内公認トレーナー)

【経歴】
2013年に入社。外資企業のテクニカルサポートのオペレーターを経験し、2014年からトレーナーとして新規配属者、メンバーのスキルアップ研修などを実施。その後、複数のプロジェクトで品質管理やトレーニング実施など幅広い業務に従事。2020年から全社展開のオンライントレーニングカリキュラム制作を担当。2021年度社内認定トレーナー資格取得。

参加対象

  • 顧客満足度や生産性改善に課題があり、メンバー育成に悩んでいるコンタクトセンター管理者の方
  • コールセンターの立ち上げで品質管理を任されている方
  • コンタクトセンターの運営管理に従事されている方

参加費

無料

備考

申込いただいた方へ後日ウェビナー参加用URLをお送りします。
Microsoft Teams ライブイベント を利用して配信します。
PCを利用する方は、URLをひらくことで視聴できます。
スマートフォン・タブレットから視聴する方は、事前にMicrosoft Teamsアプリ(無料)をダウンロードしてください。

※同業の方の参加はご遠慮いただきます。