NTT東日本✖︎Niantic から学ぶ 世界中の人が動くプロダクト/サービスの作り方

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 154人 / 定員180人

イベント内容

概要

日本における通信・ネットワークインフラ基盤を支えてきたNTT東日本と、
AR技術を駆使したプラットーフォーマーとして
人々のかかわりのきっかけになる製品を生み出すNianticの対談イベントです。

テクノロジーの進化により、国や企業規模等に縛られすぎることなく、
誰もが新しい価値を生み出すことに取り組みやすい社会になりました。
良いサービスやプロダクトが広まりやすいインフラができたからこそ、
「人々が求める本当に価値あるサービス」に対する基準が高くなったこともまた事実です。

今回は、『Niantic inspires people to explore the world, together.
(Niantic は、人々が仲間と共に世界を探索するきっかけを提供します)』というミッションを掲げ、
独自のAR技術を駆使し「現実世界のメタバース」という新たな世界を広げているNiantic社とNTT東日本が、
仲間集めや事業推進のポイントについて語り合います。

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

登壇者自己紹介

ー下條 裕之氏
ー村井 説人氏

19:25〜20:05

パネルディスカッション

-1)デジタルデザイン部・Nianticが提供するサービス/技術のご紹介
-2)プロダクトとマーケットを成長させていくために必要なこと
-3)成長を続ける組織の作り方

20:05〜20:25 Q&A
20:25〜20:30 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

下條 裕之
LInkedIn
東日本電信電話株式会社
デジタル革新本部
デジタルデザイン部 担当課長
2006年入社。法人営業部などを経験後、2009年より研究開発センタにてスマートホーム分野の研究開発から商用サービス化までを牽引。2019年にデジタルデザイン部の立ち上げプロジェクトに参画。現在はAI/IoTを始めとしたデジタル技術戦略、宇宙IoT・リモートワールド関連開発などの責任者として従事。マイバトラーを始めたとした開発を行うバーチャル組織であるDXラボの所長として、デジタル人材育成にも携わる。
村井 説人
株式会社 ナイアンティック
代表取締役社長
2015年12月に株式会社ナイアンティック 代表取締役社長に就任。Niantic, Inc.(ナイアンティック社)初の現地法人である株式会社ナイアンティックの代表取締役として、日本市場における事業開発ならびにリアルワールドゲームの普及に努めています。ナイアンティック社入社以前は、Google マップのパートナーシップ日本統括部長として、その発展に貢献してきました。また、2015年には Australia/New Zealand Google Maps のパートナーシップ業務の責任者としても従事しました。また、Google Crisis Response活動として東北復興などのさまざまな活動にチームの中核として貢献したほか、Google Art Projectの日本の代表者として、同プロジェクトの発展に大きく貢献してきました。1997年に日本電信電話株式会社(NTT)にてキャリアをスタートして以降は、2006年にGMOアドネットワークスへ入社、取締役として会社運営に従事しました。1997年に成城大学を卒業。

参加対象

  • デジタルビジネスに関わる方々
  • ユーザーに愛されるサービス、プロダクト開発に興味が高い方

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

開催グループに関連するコラム

NTT東日本×Nianticが語る、世界中の人が動くプロダクト・サービスの作り方とは?

NTT東日本×Nianticが語る、世界中の人が動くプロダクト・サービスの作り方とは?