レガシーコード改革!UT/CIでWebサービスの技術的負債を解消する取り組み

ランサーズ、ReBuild、BASEの3社より、各社がどのようにして技術的負債と向き合い変革を進めてきたのか、Laravel・CakePHPなどフレームワークを用いたアプリケーションに対するCIによるユニットテスト・静的解析の自動実行など、具体的な取り組みをお話します!
2018-08-22 12:41 BASE / PAY / BASE BANK events 更新

イベント当日のスライド

【スライド1】PHPバージョンアップと決済テストを支えたユニットテスト 東口 和暉
【スライド2】Laravel5.5的 継続的インテグレーション / Laravel 5.5 Continuous Integration 嘉数 侑起
【スライド3】レジェンドコードと向き合いレガシーからモダンへ変革する / Respect the legend code 永田 真也

【スライド1】PHPバージョンアップと決済テストを支えたユニットテスト

東口 和暉

【スライド2】Laravel5.5的 継続的インテグレーション / Laravel 5.5 Continuous Integration

嘉数 侑起

【スライド3】レジェンドコードと向き合いレガシーからモダンへ変革する / Respect the legend code

永田 真也

イベント会場の様子

  • BASE東口からは、テストのないコードに対してユニットテストを書いていった体験とその知見が発表されました。
  • 嘉数さんからは、「Laravel5.5的 継続的インテグレーション」というタイトルで、主にGitLab CIの導入方法とLaravel PHPUnitのメリットが紹介されました。
  • ランサーズ永田さんからは、「レジェンドコードと向き合いレガシーからモダンへ変革する」と題し、ランサーズ創業から現在までの開発の歴史をお話しいただきました。
  • 発表の後の懇親会の様子です。参加者の方と登壇者、参加者同士で活発にコミュニケーションが取られていました。

イベント参加者のブログ記事