エンジニアがお寺で禅をするとどうなるのか?

イベント
エンジニアがお寺で禅をするとどうなるのか?

第1回:PM禅開催

みなさんこんにちは、グリームオーブです。
今回エンジニアの皆さんが毎日抱えている日々の業務を忘れて、リセット&スタートできる「PM禅」というイベントを開きました。

今回はこの「PM禅」がどんなイベントだったのかをコラムとしてお伝えしていきます。

PM禅とは?

仕事で課題や壁に当たることが多いPMやエンジニアの方のために、実際にお寺での坐禅や作務を体験し、ビジョンや創造性、共感力を高めるイベントです。

今回ご協力頂いたお寺は「常楽寺」様
鎌倉にある格式高いお寺で、今回のイベントに快くご協力をいただきました。

PM禅の内容

時刻は日曜日の夕暮れ時。
当初の参加予定人数通り全12名の参加者の方々がお寺に集まりPM禅開始。和尚さんより座禅の説明を詳細にしてもらいました。

Alt text 座禅は ” 調身 ” ” 調息 ” ” 調心 ”といって、姿勢、呼吸、心を整えていく。
普段は毎日満員電車に乗って通勤して、帰りは終電...のようなPMやエンジニアさんに取っては中々体験できないことではないでしょうか。

そして座禅を始め、心が整ってくると暑さや寒さ、虫などあらゆることが気にならなくなるとのことです。

実際に座禅を開始した瞬間、鳥の声とお寺の池の水音しか聞こえなくなり、徐々に姿勢→呼吸→心が整っていく、そんな瞬間を体験できました。

2回目の座禅から警策も

Alt text 1回目練習で5分の座禅を組み、2回目から本格的に警策も使っていただき座禅を。
警策は姿勢が崩れていたり集中出来ていない時に打たれるものだが、今回は初参加の方も多いため任意で打たれたい方だけお願いするという感じでした。

ただ打たれるだけ、というわけではなく「菩薩による励まし」の意味があるためお互いに合唱するとのことです。

ぼくも蚊で中々集中できず警策をお願いしたところ、「痛いのかな?」と心の中で思っていましたが、絶妙な力加減で打たれ気持ちはスッキリしました。
そして最後まで座禅に集中でき心の整理をしっかりとさせていただきました。

全4セットの座禅を通して

座禅で集中するとあっという間に時間が過ぎていき、4回目が終了した時点ですでに終了時間に。

作務までは時間が足りず次回になりましたが、ぼくの感想は座禅だけでも仕事に対する気持ちの整理になり、少し違う視点で見れるのではないかと思いました。

他のイベントに参加頂いた方のアンケートでもほとんどの方にご満足いただき、また次回の開催に向けても動いていく予定になります。

今後、こんなセミナーやイベントを開催してほしいという希望がありましたら、ぜひTECH PLAYからグリームオーブ宛まで遠慮なくご連絡くださいませ。また皆さまのご参加をお待ちしております。

関連するイベント

おすすめのコラム