データサイエンティスト実践セミナー       Python/Sparkで始める分析の実際

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 173人 / 定員140人
(キャンセル待ち33人)

イベント内容

データサイエンティスト実践セミナー 

Python/Sparkで始める分析の実際

      Big Data University Tokyo Meetup #6

データサイエンティストの間で人気が高まっているSpark。データをインメモリで高速に処理できるSparkを使うと、大規模なデータを扱う際にもストレスなく分析できます。

今回の第6回 Big Data University-Tokyo Meetupでは、6/16のDatapalooza Tokyoで発表されたコンテスト「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」の概要や応募方法について紹介します。 Python/PySpark ベースのハンズオンを通して、このコンテストで使う画像解析や機械学習について具体的に学びます。また、Sparkを使った機械学習の基本についても解説します。

アジェンダ

1. 19:00-19:15 分析コンペ「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」開催概要

クラウド名刺管理サービスを展開するSansan社主催の、名刺レイアウトの解析を行う分析コンペについて説明をします。

Speaker: Sansan株式会社 江崎 日淑

2. 19:15-19:45 Python/PySpark で始めるデータ分析の基本~ハンズオン編~

Jupyter NotebookでPython/PySpark を使ったデータ分析の始め方をハンズオンを通して学びます。

Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 貝嶋 創

3. 19:45-20:00 Jupyter NotebookでPython/Scikit-learnを使った画像処理の基本

名刺レイアウトの解析を行う分析コンペに必要な画像処理について、Python/Scikit-learn でどのようにできるのか?の説明をします。

Speaker: オプト・ホールディング株式会社 中林 紀彦

4. 20:00-20:30 Sparkの基礎とSparkによる機械学習の基本

Sparkの最新情報とSparkを使った機械学習の基本をお伝えします。

Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 土屋 敦

5. 20:30-21:00 ネットワーキング・タイム(講師とのQA & 懇談)

本イベントは終了しました

類似しているイベント