TOP

Treasure Data Tech Talk  2017新春

Treasure Data Tech Talk 2017新春

参加枠申込種別参加費定員
一般
先着順 無料 83人 / 定員70人
(キャンセル待ち13人)

イベント内容

概要

半年ぶりの開催となるTD Tech Talk @ 2017新春。

今回は大規模な分散アーキテクチャの安定運用に注目。トレジャーデータのエンジニアがトレジャーデータのシステムの内側や格闘している技術をもれなく紹介します! トレジャーデータが関わっている各種OSSの使い方から実際の運用ノウハウ、さらにはトレジャーデータのシステム開発自体における実際の技術的苦労などについて生々しく語ります。

トレジャーデータの技術に興味のあるエンジニア、エンジニアを目指す学生の皆様の参加をお待ちしています。

タイムスケジュール

時間講演内容
18:30開場
19:00 - 19:30

DigdagによるRedshift + EMRの自動制御とデータ分析アプリケーションの開発

Sadayuki Furuhashi (@frsyuki)

Digdagは、Treasure Dataが開発した新たなワークロードオートメーションシステムです。

このセッションでは、マルチクラウド時代に対応するための工夫したDigdagのシステムアーキテクチャ、そしてAmazon EMR、Redshift、Spark、Embulkを使用したレコメンデーションエンジンの構築手法について実演します。

19:30 - 20:00

Stable large scale Presto cluster

Kai Sasaki (@Lewuathe)
巨大なデータに対するPrestoを安定運用させるためにTreasure Dataで行っているresource isolationとschedulingの仕組みを話します。
20:00 - 20:30

ActiveRecord issues

Ryuta Kamizono (@kamipo)
MySQLかRails5(ActiveRecord)か、あるいはTreasure DataにおけるRDBMSまわりの何か
20:30 - 20:45
休憩
20:45 - 21:15

Treasure Data Serviceの機能開発と安定運用の狭間におけるあれこれ

Sadayuki Furuhashi (@frsyuki) & Hiroshi Nakamura (@nahi)
高機能なデータ分析・処理・連携プラットフォームにおいて、Treasure Dataでは分散データベースあるいは分散処理基盤への機能追加と性能拡張を継続的に行っています。その一方、顧客のビジネスを支えるという観点から、これらのシステムには高い安定運用への要求があります。
この容易には整合させがたい2点を整合させるため、社内でどういった取り組みが行われ、またどういったトラブルが起き、日々どのように対処しているかについて、機能追加側(frsyuki)とメンテナンス側(nahi)がシャレになったりならなかったりする話をします。
21:15 - 22:30

懇親会 (軽食、ドリンク)

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。

参加費

無料

#ハッシュタグ

#tdtech


本イベントは終了しました
2017/01/12(木)
19:00〜22:30
本イベントは終了しました
参加者
83人 / 定員70人
会場
EGG Japan
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F EGG Japan

開催グループ

主催

トレジャーデータ株式会社

フォロワー2365人
フォローする

新着コラム

募集中ポジション

Senior Web Backend API Engineer

Webアプリケーションエンジニア

800万〜1200
Senior Distributed Systems Engineer

ミドルウェア開発エンジニア

600万〜1200
<コアな技術を体感できる!お客様のデータ活用を支えるエンジニア>Technical Support Engineer

サポートエンジニア

500万〜1000

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。