SAP DemoJamアイデアソン

参加枠申込形式参加費 参加者
アイデアソン参加者(チーム)
先着順 無料 25人 / 定員25人
個人参加(ビジネスプランナー/開発者/モバイル開発者)
抽選制 無料 1人 / 定員3人
発表会見学(応募企業の関係者のみ)
先着順 無料 1人 / 定員5人

イベント内容


SAP DemoJAM アイデアソン

概要

SAPの最新テクノロジーを活用したアイデアソンの予選を行います。

予選を通過したチームには、10月上旬に予定しているDevDayを経て、10月24日に予定している決勝にてSAP最新テクノロジー活用をして開発いただいたデモアプリケーションを利用し、アプリケーションの出来栄えとスキット(寸劇)によるプレゼンテーション(コスチューム着用可)を競っていただきます。

アイデアソンのテーマは、ビジネス課題や社会問題、SDGs(持続可能な開発目標)に関連するものを対象とします。

SAP Analytics Cloud Analytics Designer Hackathon プログラムも同時開催します。こちらは、チームではなく個人応募となります。また、成果物の提出がが9/1となります。


タイムスケジュール

時間 内容
10:00〜 受付開始
10:15〜10:30 オープニング
10:30〜11:00
アイデアソンルール説明
SAPジャパン株式会社 松舘 学
ルールと説明
11:00〜12:00
インスピレーションセッション
SAPジャパン株式会社 松舘 学
SDGs等の社会貢献につながる課題等のインプット
12:00〜13:00 ランチ(各自)
13:00〜18:00
デザインシンキングセッション
ファシリテータ:

SAPジャパン株式会社 松井 大輔

テーブルファシリテーター: 
 調整中
18:00〜19:30 チーム発表
19:30〜19:45 ラップアップ

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

アイデアソン後の流れ

  • 7/26 アイデアソン 1日
  • 9月 SAPテクノロジーワークショップ (参加任意)
  • 9/24-27 SAP TECHED参加 (参加任意/各自負担)
  • 10月上旬 TECHED終了後の時期1ないし2日間(会場:SAP関連施設)
  • 10/24 SAPイベント決勝(会場:赤坂インターシティコンファレンス)

登壇者

松舘 学
SAPジャパン株式会社
プラットフォーム&テクノロジー事業本部 ディベロッパーリレーションズ

エバンジェリストとして、SAP LeonardoSAP HANAの技術的な情報をユーザーの皆様やパートナーの皆様に、セミナーやメディアを通じてお届けしています。また、開発者の方々にSAPテクノロジーに触れていただけるようディベロッパーアドボケイトとしても活動しています。

松井 大輔

SAPジャパン株式会社
プリンシパルインストラクタ

インストラクタとして、SAP の主力製品の情報をユーザの皆様やパートナーの皆様にトレーニングを通じてお届けしています。また、近年では製品だけではなくフレームワークなどの方法論をお伝えするインストラクタとしても活動しています。


審査員

小野田 久視
SAPジャパン株式会社
SAP.IO プログラムマネージャ
SAP.iO Program Managerとしてスタートアップ支援プログラムの国内の責任者。また、株式会社dotD代表取締役CEOとしてペットテックとオープンイノベーションのスタートアップを経営する。
登壇者名
調整中
所属企業名
所属部署名 肩書き
登壇者プロフィール

参加対象

  • ビジネス企画
  • エンジニア
  • デザイナー
  • SAPのユーザー企業、パートナー企業、個人

チームでアイデアソン・開発・発表を行っていただきます。チームは、ビジネスプランナー、開発者2名(SAP Cloud Platform、SAP Leonardo及びモバイル(iOS SDKあるいはSAP WebIDE)の合計3名を基本とします。3名で応募ください。所属会社は同じでも異なっても構いません。

個人で参加される場合、チームをマッチングします。個人参加者が少なく、チームが構成できない場合は、参加をご遠慮いただく場合があります。

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加者のメリット

  • SAPからの最新テクノロジーのスキルトランスファーの機会
  • SAP主催イベントで入賞することの栄誉(営業活動時利用可能)
  • 所属企業ないし個人のSAPスキルの高さの証明

注意事項

本コンテストで開発するアプリケーションは、その他のアイデアコンテストやコンペティション等で開発したものではなく、初出のもののみに限定させていただきます。

知財や成果物は参加チームに帰属します。

成果物はSAP Innovation Award 2020へぜひご応募ください。

持ち物

ラップトップ

参加費

無料

よくある質問

Q. イベントが夜までありますが、チーム3名のうち1名退出しても問題ないでしょうか。

A. 夕方はチーム発表の時間ですので、発表者の方がご対応いただければ退出いただいても構いません。

Q. SAP Cloud Platform、SAP Leonardoの開発経験がなく、技術習得を兼ねて参加したいと考えています。こうした技術の習得の機会はえられるでしょうか。

A.アイデアソンの時点では、SAP Cloud PlatformやSAP Leonardoの実装経験は問いません。最終的には、デモアプリをご作成いただき、プレゼンテーションを競っていただきますので、デモアプリ制作のための技術を習得いただく必要があります。openSAP SAP Cloud Platform Essentials 等のオンライン教材、ブログ記事「SAP Cloud Platformでインテリジェントエンタープライズを実現する」記載のチュートリアル等を通じて学習をお願いします。

ハッシュタグ

#SAPCommunity