属人性を排し正当性の高いデータ基盤構築に向けたISSUEをデータエンジニアと議論しませんか?【日本全国の物流情報をリアルタイム処理し最適な運送マッチングを目指すMeeTruck 】

参加枠申込形式参加費
一般
抽選制 無料

※ 抽選結果は、2022/03/28 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

【MeeTruck社 × TECH PLAY ISSUE COMMITTER 企画】

MeeTruck(ミートラック)は、
ソフトバンクと NIPPON EXPRESSホールディングス傘下の日本通運が共同で設立した、
物流業界のDXを推進する運送会社向け業務支援サービス、
SaaSプロダクトを開発するジョイント・ベンチャー企業です。

データ基盤構築・運用におけるMeeTruck社の、具体的でリアルなISSUEを、
データエンジニア・データサイエンティストのお二人を迎え、
TECH PLAYがモデレーターとなって大議論していきます。
オンライン&限定公開だからこそ話せるリアルで具体的な内部情報もできる限りお話する予定です!

イベント終了後、実際にISSUE解決に向けたプロジェクトに参加いただくかもしれません!
同様の課題に挑戦していたり、アドバイスを持っている方、ISSUEに興味のある方など、
まずは一緒にお話ししてみませんか?

※配信URLは、当選者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

参加対象

  • データ処理基盤の構築にご興味があるかた (もちろん経験がある方も大歓迎です!)

同社が抱えるISSUE

■ 抱えているISSUE

MeeTruckではサービス開始当初から、プロダクトにユーザー行動解析のための分析データを埋め込み、
自前のデータウェアハウス基盤に集約・蓄積しています。
用途に応じて抽出・加工・可視化などをおこなうことによって、
データドリブンな意思決定を可能にし、経営判断やプロダクト改善に役立てたいと考えています。

ただし、現状ではまだデータドリブン経営の理想形を実現するには壁があります。
一例として、現在は【KPI確認、営業展開、障害解析/復旧、A/Bテスト、機械学習(TBD)】
などにおいてデータ利用をしていますが、
担当者がそれぞれ異なった集計方法でデータを取ってしまっていることで
データの信頼性に影響がでるなどの問題が起こっています。

今回のISSUE COMITTERでは
社内のシステム構成図などを公開します。
具体的な構成図を見て頂きながらMeeTruckのデータエンジニアと共に、
「正当性の高いデータ基盤構築を実現するには?」
をテーマにして議論していきます!

【ディスカッションする課題事例】
*BigQueryのメタデータ管理にどういったサービスを活用するといいか?
*現在MeeTruckで活用しているAWSからBigQueryに転送する際、
 どのような転送方法をつかえばデータの正当性が担保できるか?etc.

ISSUE COMMITTERとは?

ISSUE COMMITTER とは、企業が抱える現場の具体的なプロジェクト課題 ( ISSUE ) を、
抽選で当選したイベントの参加者 ( COMMITTER ) と議論していくクローズドのオンラインイベントです。

参加者が企業のプレゼンテーションを視聴するだけの通常のオンラインイベントとは異なり、
企業と参加者が双方向コミュニケーションをとりながら、ISSUE について議論を深めるイベントです。

イベント終了後は、企業が良いと感じた COMMITTER へスカウトを送り、1on1MTG を実施します。
1on1MTG の中で、お互いの合意が取れれば契約成立となり、 COMMITTER は企業のプロジェクトに参加します。
※プロジェクト参加における契約内容は、企業と COMMITTER 間で決定します。
   例:正社員、契約社員、業務委託契約、アルバイトetc.

当日のイベントに参加するだけでも、

 - 明日から使える仕事のTipsが分かる
 - 副業/採用に繋がる企業との出会いがある
 - 双方向的なコミュニケーションを通じて技術への理解が深まる

など、ためになることが沢山ありますので、皆さまどうぞお気軽にご参加ください!

MeeTruckについて

「MeeTruck」は、ソフトバンク社の新規事業開発の取り組みから生まれたサービスです。

コロナの影響により、EC市場の急拡大に伴い物流業界の需要は高まり続けています。
一方、実際の配達の現場では紙などのアナログな手法で業務が行われていることが多く、
人員不足、配車担当者の負担増加といった課題を抱えています。

この社会課題を解決するため、適切な配車管理を行えるシステムを提供することで、
業界の課題をデジタル技術で解決するという想いで始まったのが「MeeTruck」です。

タイムスケジュール

① 当日:  ISSUE MTGへの参加

 - ISSUE OWNERの自己紹介
 - ISSUEの説明
 - Q&A
 - ディスカッションタイム

② 後日:  1on1 MTGへの参加

ISSUE MTG後にアンケートを回答いただきます。
イベント当日の様子やアンケートの結果を踏まえて、気になる COMMITTER には企業から1on1 MTGへのスカウトメールをお送りします。
1on1 MTGに進んでいただきましたら、具体的な課題に対して情報交換やアドバイスなど、より深い情報交換をしていただきます。
COMMITTER と企業それぞれが合意出来ましたら、実際のプロジェクトに参加いただきます。
※プロジェクト参加の契約条件等は、1on1 MTGの中で相談の上決定します。

ISSUE OWNER

一ノ木 泰代
MeeTruck株式会社
システム企画部 担当課長
2021年よりソフトバンク株式会社に入社。MeeTruck株式会社に配属。今後の自社サービスの拡充に向けて、収集したユーザのデータを活用し機械学習を利用するような新規サービスの企画を推進している。前職では財務系コンサルティング企業にてデータサイエンティストとしてアドバイザリー業務を支援。Web・インターネット業界やソーシャルゲーム業界において主にビックデータを対象としたデータ分析に12年間従事。マーケティング分析、ユーザー行動分析、アクセスログ分析、位置情報分析に知見あり。
小森 光月
MeeTruck株式会社
システム開発部
2019年よりソフトバンク株式会社に入社。 コミュニケーションを目的としたものや飲食業界を支援するような多種多様なロボットに対し、ソフトウェア・ハードウェア双方の品質保証を担当した。2021年よりMeeTruck株式会社に配属。現在までデータ分析基盤の設計や運用といったインフラ業務に従事している。今後の自社サービスの拡充に向けて、収集したユーザのデータを活用し機械学習を利用するような新規サービスの研究開発にも携わる。