技術的負債のないソフトウェアは、設計・意思決定のプロセスが記録されている -アーキテクチャディシジョンレコードの導入に挑戦した製品開発チームの歩み

2024/01/17(水)19:00 〜 20:15 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠 【本日!残席わずか!】
先着順 無料 345人 / 定員360人

イベント内容

概要

「バグの修正を頼まれたけど、これって何でこんなコードになってるんだっけ?こう書けばバグは発生しなかったのに、何か理由があるのかな?」

「このツールを導入することになったと聞いたけど、このツールを採用するって誰が決めたの?そもそもなんでこのツールが選ばれたんだっけ。」

「明日までに改修方針を決めて報告をしないと・・・!でも、このアーキテクチャって誰がどんな思想で考えていたのかわからない。。」


日々のソフトウェア開発において、このような疑問が生まれるたび、そのためのコミュニケーションに多くの工数を割いているという現場は少なくないと思います。

本イベントでは、NECソリューションイノベータ シニアプロフェッショナル 中島氏が登壇し、
アーキテクチャの重要性と、アーキテクチャを設計する上で重要な概念・手法となる「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」についてお話します。

製品の品質はアーキテクチャが握っていると言える、と中島氏は考えています。

中島氏の率いるチームは、製品開発プロジェクトにおいて、海外チームでの設計方針や判断の経緯に不明瞭な部分が多く、製品化に必要以上の工数を要したり、品質の低下が危ぶまれる状況になったり、といった課題を抱えていました。
その課題解決にアプローチすべく、開発体制の刷新に加え、「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」の導入に挑戦。

「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」とは、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて意思決定や設計上の判断を文書化し、未来の参照や説明に役立てるための軽量ドキュメントのことです。
過去の判断や設計理由を理解しやすくすることで、プロジェクトの透明性やコミュニケーションを向上し、ソフトウェア品質向上にも寄与するという概念です。

《アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)で得られる効果》

  • 開発チームの意思決定プロセスを効率化し、作業スピードを向上させる
  • エンジニア間のコミュニケーションが円滑になり、認識齟齬からなるミスや事故が発生しない
  • アーキテクチャ変更やアップデートに対して迅速且つ正確な判断
  • 開発プロジェクトにおける説明負担の軽減 等

当日は、デモまたはスナップショットもお見せする予定です。

「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」を導入し、開発/保守において負債を蓄積させず品質の高いシステムを実現するという目標を立てて歩み出したチームの実際の取り組み事例や試行錯誤から得られるエッセンスは、プロジェクト推進やソフトウェア開発に役立つこと間違いなしです!

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05~20:00

技術的負債のないソフトウェアは、設計・意思決定のプロセスが記録されている
-アーキテクチャディシジョンレコードの導入に挑戦した製品開発チームの歩み

中島 剛
アーキテクチャの重要性とアーキテクチャディシジョンレコード(ADR)についてお伝えします。ADRはソフトウェア開発プロジェクトにおいて、意思決定や設計上の判断を文書化することで、未来の参照や説明に役立てるための軽量ドキュメントです。ADRを導入することによって開発プロセスを効率化し、コミュニケーションを向上させ、品質向上に寄与する効果があります。本イベントでは、ADR導入に伴うチームの取り組み事例や試行錯誤から得られるエッセンスを紹介いたします。
20:00~20:10 Q&A
20:10~20:15 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

中島 剛
NECソリューションイノベータ株式会社
プラットフォーム事業ライン 第二PFソフトウェア事業部 シニアプロフェッショナル
1992年新卒入社。NECのメインフレームのOS開発・保守担当。その後2008年から約7年間NECに常駐しネットワークアプライアンス、ネットワークスイッチ(PFC:プログラマブルフロースイッチ)などのネットワーク製品の製品企画・事業化・統括業務を経験し2020年より現在の業務である生体認証の基盤開発に従事している。

参加対象

  • ソフトウェア開発エンジニアの方
  • アーキテクチャ/アーキテクトに興味がある方
  • 新たな技術的知識/知見の獲得に挑戦したい方
  • プロジェクト推進における効率性/品質向上に課題を感じている方
  • より効率的なプロジェクト推進/品質管理を実現したい方

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

NECソリューションイノベータ株式会社

開催グループに関連するマガジン

NECソリューションイノベータが挑む「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」導入と製品開発チームの歩み

NECソリューションイノベータが挑む「アーキテクチャディシジョンレコード(ADR)」導入と製品開発チームの歩み

関連するイベント