【大好評につき増枠決定!】データマネジメントの勘所 大手企業3社から学ぶ!データ分析基盤と組織のリアル<YouTube Live配信枠>

2023/12/06(水)19:00 〜 20:40 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
YouTube Live配信枠
先着順 無料 341人 / 定員350人

イベント内容

【YouTube Live配信枠を増席!駆け込みのお申込みも大歓迎です!この機会をお見逃しなく!】
想定以上のお申込みをいただきZoomウェビナー配信枠は満員御礼となりました。
これから新規でお申込みされる方を対象に、このページではYouTube Live配信枠をご案内しています!

【大好評シリーズ『データマネジメントの勘所』の第3弾!テーマは『大企業×複雑かつ大規模なデータ』です】

持続的な事業成長と中長期的な価値向上を実現していくためにDX化推進を掲げることが当たり前になっている中で、データ品質を計画的に維持・向上させる「データマネジメント」は避けては通れないテーマです。
また、データの鮮度や信頼性を担保し、合理的な意思決定をするための土台となるのが『データ分析基盤』ですが、加速するビジネス環境の変化に対応していくため、新たに構築したりレガシーシステムの再構築を進めているというケースも少なくありません。

一方で、機械学習/ディープラーニング、マーケティング、需給予測、不正検知などデータ利用が多角化しデータ分析基盤に求められる役割も多様化が進み、クラウドシフトなど技術スタックの移り変わりなども考慮する必要があります。
さらに、運用工数や社内のデータリテラシーの課題にも直面するなど、データ分析基盤を最適化した先にある理想的なデータマネジメントを実現していくことは一筋縄にはいかないでしょう。

『データマネジメントの勘所』シリーズでは、データエンジニアやデータサイエンティスト/アナリストをはじめとするエンジニアの”データマネジメントの実現にむけた挑戦”にスポットライトをあてて、泥臭い取り組みや試行錯誤の中で得た気づきや学びを紹介しています。

今回は複雑かつ大規模なデータと向き合っている『イオンスマートテクノロジー』、『大阪ガス』、『本田技研工業』のエンジニアによるセッションをお届けします。

・グループ各社を横断する超巨大データ分析基盤の構築
・クラウド移行を伴うデータ分析基盤再構築 ほか

私たちの生活とも馴染み深い事業を展開する各社はデータマネジメントにどう向き合っているのか。 技術スタック、試行錯誤や苦労、今後の展望などの切り口で紐解いていきます。

□■これまでの『データマネジメントの勘所』シリーズ■□
波乱万丈伝から学ぶ!成長企業におけるデータマネジメントの勘所~大規模データ分析基盤の変遷~
データマネジメントの勘所-マルチプロダクトSaaSを支えるデータ戦略の重要性-

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

イオンが立ち上げる「超巨大データ基盤」
成り立ちと構成、苦労ポイントと今後の展望

イオンスマートテクノロジー株式会社 山﨑 賢
イオングループ全体のデータ基盤として構築し2023年の10月に完成した「ASPD」システムの成り立ちとアーキテクチャ概要、それを軸としたソリューション郡と今後の展望をお話させていただきます。
19:25〜19:45

大阪ガスにおける「歴史あるデータ基盤の進化」への取り組みと苦労話

大阪ガス株式会社 花牟禮 龍馬
大阪ガスは、2010年に全社データ活用基盤「DUSH」を構築しましたが、10年以上経過し、データ肥大化やアプリケーション老朽化などの課題があり、再構築を進めています。また、IoTデータやWebログデータを効率的に活用するために、クラウドなどの最新技術を利用した高負荷分析基盤を新たに構築しました。本講演では、データ基盤の再構築と新規構築の経験をもとに、脱レガシーの苦労話と今後の展望について説明します。
19:45〜20:05

AI開発とソフトウェアの継続進化を支えるHonda SENSINGのデータ基盤

本田技研工業株式会社 米森 力
Hondaは運転の安全性を高めるための先進安全運転支援システムとしてHonda SENSINGを提供しています。これまで主流だった売切りの車載制御ソフトウェア開発がAI活用やOTAによる継続進化等データ利活用した形態に発展することに伴い、開発車両/販売後車両から得る大規模データの管理と車両との連携が重要になってきています。ここではHonda SENSING開発向けのデータ基盤と組織上の課題を紹介し、対策ポイントを例示した上で今後の展望をお話しします。
20:05〜20:30 質疑応答
20:30〜20:40 告知、クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

山﨑 賢
イオン株式会社 CTO 兼
イオンスマートテクノロジー株式会社 CTO
新卒で大手SIerに入社。その後、ヤフー株式会社(現LINEヤフー株式会社)へ転職し数々の新規サービスの立ち上げに携わる。 リクルート株式会社に入社。大規模サービスの開発責任者を兼任。ゼネラルマネージャーとして組織マネジメントを実施。 その後、複数のベンチャー企業CTOを経て2023年より現職。イオングループ全体を統括するイオン株式会社のCTOとして従事。
花牟禮 龍馬
大阪ガス株式会社
経営企画本部 DX企画部 アーキテクト
大阪ガスに入社後、社内のデータ分析組織であるビジネスアナリシスセンターにて、機械学習を活用したエネルギー需要予測などのデータ分析業務に従事。現在は、データ分析プロジェクトの主導に加え、全社のデータ活用基盤の統括をしている。
米森 力
本田技研工業株式会社
電動事業開発本部 BEV開発センター ソフトウェアデファインドモビリティ開発統括部
先進安全・知能化ソリューション開発部 先進安全プラットフォーム開発課 課長
新卒で大手SIerに入社し、政府系システムのデータ分析業務に従事、人材開発や海外共同研究を推進。 2018年に自動車OEMに転身し先進安全/自動運転向けのデータ基盤のTech Leadを務めた後、2021年にHondaに入社。 現在はHonda SENSING開発におけるデータセントリックなソフトウェアPFおよびデータPF整備を推進中。
佐々木 樹哉
株式会社primeNumber
プロダクト本部 プロダクトマネージャー
2021年にブレインパッドにデータサイエンティストとして入社。物流業界における販売データ、在庫データを用いた需要予測や発注自動化システムの開発に携わる。primeNumberには2022年10月に入社し、trocco®のプロダクトマネジメントに従事。

参加対象

  • データエンジニア
  • データアナリスト
  • データサイエンティスト
  • プロダクトマネージャー

参加する際の注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください

関連するイベント