デジタルトランスフォーメーション

書籍情報

発売日 : 2016/09/15

著者/編集 : ベイカレント・コンサルティング

出版社 : 日経BP

発行形態 : 単行本

書籍説明

内容紹介

本格的なデジタルの時代に突入し、ITを活用した新しいサービスや企業が次々と生まれています。代表的プレイヤーはアップルやグーグル、ウーバーなどのIT企業です。既存の産業に対して新しいビジネスモデルを持ち込み、破壊的インパクトを与えるためデジタルディスラプター(デジタルによる破壊者)とも呼ばれています。
デジタル化の影響は既に日本企業にも及んでおり、“王国”とまで言われた日本の家電産業は壊滅状態に陥りました。最強の自動車産業もIT企業の挑戦を受け、将来にわたり磐石とは言えなくなりつつあります。既存の大企業といえども、自らのビジネスをデジタル化し変革していかない限り、明日は保証されないのです。
本書は、こうしたデジタルトランスフォーメーション(デジタルによる変革)に取り組む企業のために具体的な処方箋を提供します。デジタル戦略は、誰が、どのように立案し実行すべきか。必要な経営機能(担当役員)、推進組織とは? そして既存のIT部門の役割は? 全ての解決策がこの1冊の中にあります。

目次

はじめに

【第1章】デジタル技術が変える近い将来

【第2章】デジタル時代に対応できない企業の末路

【第3章】なぜ、デジタル時代への対応が遅れたのか
1.顧客の進化に対する読み違え
2.カスタマーエクスペリエンスへの訴求不足
3.ITに対する距離感
4.既成概念への固執

【第4章】デジタルトランスフォーメーションの本質
1.ビジネスモデルの再定義
2.顧客が中心
3.顧客情報の収集と分析
4.データ活用基盤の発達
5.エコシステムの加速化

【第5章】デジタル戦略の構築と実行
1.デジタル戦略方針の策定
2.徹底したCX向上策
3.リアルチャネルとの融合
4.デザイン思考
5.デジタルマーケティング
6.オープンイノベーション

【第6章】デジタル組織への転換
1.デジタル戦略組織
2.既存組織との連携
3.イノベーションリーダーの育成
4.デジタル要員の育成
5.ダイバーシティを受け入れる組織文化の醸成
6.経営の役割

おわりに

著者情報

ベイカレント・コンサルティング