Newton別冊 ChatGPT 徹底解説

書籍情報

発売日 : 2023/10/02

出版社 : ニュートンプレス

発行形態 : ムックその他

ページ数 : 144p

書籍説明

内容紹介

 2022年11月30日,アメリカのAI(人工知能)スタートアップ企業であるOpenAIが対話型AI「ChatGPT(GPT-3)」を無料公開しました。公開から,わずか5日で登録者数は100万人を突破。2か月で1億人を超えるまでになりました。ちなみにFacebookは100万人に到達するまでに,10か月かかっています。これをみても,ChatGPTの関心の高さがわかると思います。法律や医療分野では人間を上まわる知識があるともいわれています。 本書はChatGPTの徹底解説本です。この新しいAIがどのような技術によって支えられ,発展していったのかを具体的にわかりやすく紹介しました。 本書を読むことで,ChatGPTの話題に乗り遅れてしまった人も,一からわかりやすく学ぶことができます。

目次

プロローグ
第4次AIブーム
生成AIの動向
GPT-3の登場
ChatGPTの生みの親
対話型AIとChatGPT
画像生成AI
1 ChatGPTを使ってみよう
ChatGPTとの会話
生成AIは文章の意味を理解しているか
ChatGPT使いこなし術・~・
2 ChatGPTを支える技術
対話型AIから生成AIへ
ベンチマークテスト
深層学習とは?
機械学習とは?
形式ニューロン
AI技術を発展させるしくみ
誤差逆伝播法
強化学習とAI技術
敵対的生成ネットワーク
生成AIが飛躍的に成長した理由
スケール則
Transformer
GPT
GPTからChatGPTへ
ファインチューニング
GPT-4
ChatGPTの応用
注意機構の学習効果
マイクロソフト「Bing」
グーグル「Bard」
Column1 AI研究と脳神経科学研究との
かかわり
3 画像生成AIとは何か
画像生成AI
生成AIと視覚情報処理・~・
畳み込みニューラルネットワーク
Vision Transformer
Stable Diffusion
DALL・E2
Midjourney
画像を生成してみよう・~・
画像生成AIギャラリー
脳デコーディング
4 生成AIがもたらす未来
AIの未来・~・
生成AIの幻覚・~・
ChatGPTと著作権
学習のための著作物利用
著作権の範囲
プラグイン
API連携
音声生成AI・~・
和製GPT開発のゆくえ
社内GPT
オープンソース
Column2 AIイライザ事件