【オンライン開催】PowerPlatformとAzure IoT Hubでビールの醸造をやってみた

参加枠申込形式参加費 参加者
オンライン参加
先着順 無料 323人 / 定員400人

イベント内容

PowerPlatformとAzure IoT Hubでビールの醸造をやってみた
-Avanade tech talk-

概要

Avanade tech talkでは、マイクロソフトとアクセンチュアのジョイントベンチャーであるアバナードの開発部隊が取り組み事例を紹介していきます。

今回のオンラインイベントではPowerApps、Power BI、Azure IoT Hub、RaspBeryPi3B+ を使用してビールの発酵管理をします。
温度センサ、ペルチェ素子を使った庫内の温度管理、AzureIoT,PowerBIを使った管理画面、
PowerAppsで庫内の状況を撮影する為のカメラアプリケーションなどを製作したノウハウや、
ちょっとしたコツ、またこのような取り組みに至った会社の文化などを交えてお話しします。

※ビールと書いていますがアルコール度数は1%以下の清涼飲料水です。
IoTやAzureに興味のある方やビール好きの方などオンラインでお気軽に参加ください!

※当日は、Zoomウェビナーで開催します。後日、参加用URLを発行し共有いたします。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00~19:05 オープニング
19:05~19:50

TECHBEER

杉本 礼彦
19:50~20:10 Q&A

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

杉本 礼彦
アバナード株式会社
シニアディレクター
専門学校を卒業後、ソフトウェアエンジニアの道へ進み、30歳で株式会社ブリリアントサービスを設立。大阪に本社を置き、スマートフォンアプリ、スマートデバイスの受託開発サービスを中心に、クラウド連携、コンテンツ企画なども手がけ、デジタルサービスプロバイダーとして事業を拡大。2013年にはメガネ型ウェアラブル端末「mirama(ミラマ)」を発表し、国内外から注目を集める。2017年に同社をコグニザント社に売却し経営から退き、2019年5月アバナードに入社。関西オフィスにてデジタルイノベーションを推進しながら、組織構築にも携わる。

参加対象

  • アーキテクト
  • 開発エンジニア
  • インフラエンジニア
  • ITコンサルタント
  • MSのテクノロジーに興味のある方

参加費

無料

本イベントは終了しました

類似しているイベント