Azure Machine LearningとAzure IoT HubとPower Appsで40万ボルトのAI判定型ビリビリクイズマシーンを作ってみた

参加枠申込形式参加費
オンライン参加
先着順 無料

イベント内容

Azure Machine LearningとAzure IoT HubとPower Appsを使って
40万ボルトのAI判定型ビリビリクイズを仕掛けてみた
Avanade Tech Talk

概要

Avanade tech talkでは、マイクロソフトとアクセンチュアのジョイントベンチャーである
アバナードの開発部隊が取り組み事例を紹介していきます。

=============================================

Avanade tech talk『やってみた』シリーズ第二弾!
第一回目の『PowerPlatformとAzure IoT Hubでビールの醸造をやってみた』に続き、
第二回目も最新のAI・IoTを活用して「やって」みます。

今回のオンラインイベントでは、AI判定型の早押しビリビリ電流クイズゲームを開発します。
クイズの回答をSpeech to Textで変換し、
Azure Machine Lerning が作成したAIモデルが正誤判定!

早押しクイズを間違えて回答をした場合、Azure IoT HubでRaspberryPiに信号を送り
【40万ボルト】の電流を流す装置を作りました。

アーキテクチャなども公開しますので、お楽しみに!

▼当日のイベントの冒頭をチラ見せ

【Avanade tech talk#1について】

2020年12月に実施されたAvanade tech talkは
『IoTデバイス×Power Platformでビールの醸造を制御してみた』というテーマで行いました。
イベントでは温度と動作を監視・管理するシステムを構築し、システムの構成図などを公開。
テクノロジーを駆使して「楽しいこと」を実現し、アンケートでの満足度97%と大好評の会となりました!

<イベント参加者の感想(一部抜粋)>
・想像以上に面白く、なによりワクワクしました。自分もやってみたいという気持ちが芽生えましたし、
 忘れかけてた”技術を楽しむ”という気持ちを思い出しました。
・凄く楽しそうというのが伝わってきたのと、ベルチェ素子のエアコンデバイスは実践したいと思った。
・ラズベリーパイを趣味で触っていて、面白いものを作りたいなと思っているので、刺激になりました。
 また、クラウドサービスを上手く利用する事例として勉強になりました。

<当日の様子>

=============================================

※参加用URLは申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00~19:05 オープニング
19:05~19:50

『リアルタイム実践』ビリビリクイズ装置作ってみた

杉本 礼彦
Bassam Manuel Al-Mahamid Velez
西垣 裕仁
19:50~20:10 Q&A

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

杉本 礼彦
アバナード株式会社
シニアディレクター
専門学校を卒業後、ソフトウェアエンジニアの道へ進み、30歳で株式会社ブリリアントサービスを設立。大阪に本社を置き、スマートフォンアプリ、スマートデバイスの受託開発サービスを中心に、クラウド連携、コンテンツ企画なども手がけ、デジタルサービスプロバイダーとして事業を拡大。2013年にはメガネ型ウェアラブル端末「mirama(ミラマ)」を発表し、国内外から注目を集める。2017年に同社をコグニザント社に売却し経営から退き、2019年5月アバナードに入社。関西オフィスにてデジタルイノベーションを推進しながら、組織構築にも携わる。
Bassam Manuel Al-Mahamid Velez
アバナード株式会社
Senior Analyst
西垣 裕仁
アバナード株式会社
コンサルタント

参加対象

  • 技術を使って何か面白いことをしたいエンジニアのみなさん