Cloud Developers Night 〜ソニーのクラウド技術活用事例から見えるハードウェア×クラウドで生まれる世界とは〜 ソフトウェアエンジニア、クラウド技術者向け

#DX #IoT #インフラ #Meetup #交流会 
2021年11月5日に開催されたオンラインイベントのアーカイブ動画となります。 イベントページ:https://techplay.jp/event/834412 ------------------------- ▼イベント概要 ■ソニー=ハードウェアメーカーではない? ソニーといえば、何を思い浮かべますか? テレビ、オーディオ、メディカル、モバイル、カメラ、FeliCaなど、 人々の生活にあたりまえのように溶け込む、そんなプロダクトやサービスを多くリリースしています。 同社に代表されるプロダクトと聞き、ほとんどの人が「ハードウェア」を思い浮かべる方も多いでしょう。 一方、それらのプロダクト と新技術をかけ合わせ、ハードウェアがクラウドとつながる「Internet of Tings(IoT)」、 人がハードウェアを通じてインターネットとつながる「Internet of Human(IoH)」の世界を実現しようと 挑戦を続けているチームをご存知でしょうか? ■ソニーのクラウド技術活用とは? 今回は、世界中に広く愛されるソニーのハードウェアにクラウド技術を組み合わせた 開発事例をご紹介します。 イベントでは、下記3つのテーマからソニーが考える世界観、実現する技術について深堀りします。 ・ホームエンターテインメント製品におけるクラウド活用とアーキテクチャ設計の考え方 テレビやヘッドホン、サウンドバーといったホームエンターテインメント(HES)製品におけるクラウドの活用事例、主にAWSを使用したシステム構成、サーバーサイドのアーキテクチャ設計事例をご紹介します。 ・SoundARと新規事業におけるサービス開発 YOASOBIとのコラボ企画「YOASOBI SOUND WALK」を展開するなど、オーディオ分野の新規事業として立ち上げ中のSoundARサービス「Locatone」のサービス内容や、開発体制、サーバーレスアーキテクチャで構成したクラウド環境についてご紹介します。 ・映像解析・データ分析技術でスポーツの未来を創造する ソニーがグループ会社のホークアイ(Hawk-Eye)を通してスポーツ界に起こしてきたイノベーションに関して、これまでの実績と、これから新しく挑戦しようとしている取り組みを紹介します。 ハードからどうクラウド技術を活用しデータ取得、処理をしているか? そこからどんなソフトウェア技術でどんなサービス作られているのかを知りたい ソフトウェアエンジニア、クラウド技術者の方々にぜひ聞いていただきたいです。 ※取り組みの全体像と合わせ、各技術についてご紹介予定です。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

ソニー株式会社
ソニー株式会社では面談のお申し込みを受け付けています。 ソニーでは「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。」というPurpose(存在意義)を掲げ、新しい価値創出に向け挑戦を続けています。その中でも、ソニーの様々なプロダクト・サービスとクラウドが繋がることで、ハードウェアとソフトウェアが融合した新たなサービスを創出しています。 最先端技術によって新しい感動体験や驚きを創り出したい方、ソニーの技術や取組みについてもっと知りたい方、イベントを見て詳しい話を聞いてみたくなった方など、お気軽に面談にお申し込みください。 私たちのサービスや技術にご興味を持っていただける方とお話しできるのを楽しみにしています。 ※ この面談に選考要素はありません。 ※ 面談をご希望の場合は、【面談申込みフォーム】の面談に関するご希望欄に   希望部門(IP&S/HES)をご記入ください 〈部門〉 イメージングプロダクツ&ソリューションズ(IP&S): 民生用カメラ事業、放送・業務用製品を中心としたソリューション事業 ホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ(HES): ビデオ&サウンド機器(ウォークマンなど)及びその周辺機器の開発、製造、販売