Tech-on MeetUp #02「マネージドサービスだけに頼らないコンテナ基盤」のアンケート集計結果を公開します!

イベント
Tech-on MeetUp #02「マネージドサービスだけに頼らないコンテナ基盤」のアンケート集計結果を公開します!

こんにちわ!Tech-on管理者の大橋です。


去る201897日(金)に開かれた「Tech-on MeetUp#02「マネージドサービスだけに頼らないコンテナ基盤」」にて、参加者の皆様にご回答頂いたアンケートの集計結果を公開いたします。

個人情報等は一切出さない状態での集計結果の公開となります。ひとつずつご紹介していきます。(アンケート結果のまとめ資料へのリンクはコラム最後にあります)



アンケートの回答率ですが今回も90%を超えています。やはり紙ベースの回収は回答率が高いですね。



会場への誘導も問題はなかったようです。



次に取り上げて欲しい技術テーマですが、次回がアジャイルと宣言していたこともあり、アジャイルを選ばれる方が多かったのですが、マネージドサービスだけに頼らない(≒オンプレミス)という今回のメインタイトルと対象的にクラウドに関してのニーズが多いのが面白いです。また前回もそうでしたが、特定の要素技術に振り切った形の勉強会をやってほしいというニーズも強くあるようです。こちらも次回以降のテーマ選定の材料にさせていただきます。



セッションそのものについても、平均して95%が「良かった」「非常に良かった」となっており、ご満足いただける内容だったと思います。



セッションへの個別コメントですが、概ねポジティブなコメントを頂いておりますが、少し時間が短かったという方がおられました。

通常の勉強会に比べると人数を4名に設定している関係から、1人の方の説明を深めに説明する場になっていないのですが、逆にたとえば前半は2名で30分ずつなど深めに話をするなどして、後半をLTにするなどやりようはありそうです。


これは今後のコンテンツ構成として参考にさせていただきたいと思います。



司会進行等については、概ね高評価いただきました。
特に司会進行にはたくたんのコメントを頂きありがとうございます。評判が良かったので今後もよい司会ができるように頑張りますと本人も申しておりました。


このイベントを知った経緯はやはりTECH PLAYからの通知が一番多かったようですね。
ここが知人の紹介などで増えていき、さらにリピート参加などが増えてくるとコミュニティとして成熟してくるのかなあと思っています。




自業務として使っている技術はやはりクラウドやAWSやコンテナ、K8sが多いようですね。
これはある意味順当といえますが、今後は集まる人の幅を広げていくということもやっていきたいので、もう少しばらつきがあると面白いかなと思います。
また何回か開催をしてみて、総合的な数値などもいつか公表したいと思います。



最後に本イベントへの参加意欲ですが、多くの方にまた参加いただきたい!とご回答いただきました。
本当にありがとうございます。
今後は様々な人たちを巻き込んで、インタラクティブなイベントとしていきたいので、ここから登壇したい、という人が増えてくるように活動をしてまいりたいと思います。


関連するイベント

おすすめのコラム