【ヤマトHD × ZOZOテクノロジーズ】マルチクラウド実践企業から学ぶ最新クラウド事例勉強会 - Yamato DX Night #2 -

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 209人 / 定員250人

イベント内容

マルチクラウド実践企業から学ぶ最新クラウド事例勉強会
 - Yamato DX Night #2 -

概要

「Yamato DX Night」は、DXを実現するシステム・ソリューションを開発していくうえで求められる技術・知識などを、多くのエンジニアと共有し合うための技術勉強会です。

第2回目の「Yamato DX Night」はマルチクラウドをテーマに開催します。Azure、GCP、AWS・・・それぞれの特徴をふまえマルチクラウドを実践する企業が増えている一方で、設計や運用での複雑さなど課題を抱える方も多いと思います。
実際に実践している企業の事例から、
・今の環境、構成に至った背景
・技術選定のポイント
・運用体制、運用ツール・・・などを学んでいきます!

クラウドネイティブな開発・運用に興味のあるエンジニアの方、ぜひご参加ください!

※当日は、Zoomウェビナーで開催します。後日、参加用URLを発行し共有いたします。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:20

ヤマトグループの事例紹介

ヤマトホールディングス株式会社 中林 紀彦
19:20〜19:35

ZOZOテクノロジーズの事例紹介

株式会社ZOZOテクノロジーズ 川崎 庸市
19:35〜20:05
パネルトーク
20:05〜20:20 Q&A

※タイムスケジュールは変更の可能性があります。

登壇者

川崎 庸市
株式会社ZOZOテクノロジーズ
SRE部
株式会社ZOZOテクノジーズ所属のエンジニア。過去に国内モバイルベンチャーや大手インターネット企業にて大規模サービスの基盤プラットフォーム開発に従事、外資系ソフトウェアベンダーにて自社エンタープライズ検索製品やクラウドサービスの技術コンサルやアーキテクチャ策定支援に従事。現在はインフラ運用の自動化・効率化が目下の関心事。業務外ではNoOps Japanコミュニティーの運営に従事。趣味はサウナ。
中林 紀彦
中林 紀彦
ヤマトホールディングス株式会社
執行役員 データ戦略担当
2002年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。データサイエンティストとして顧客のデータ分析を多方面からサポートし企業の抱えるさまざまな課題をデータやデータ分析の観点から解決する。また、エバンジェリストとしてビッグデータをビジネスに活用することの価値を幅広く啓蒙。株式会社オプトホールディング データサイエンスラボの副所長、SOMPOホールディングス株式会社チーフ・データサイエンティストを経て、ヤマトホールディングス株式会社の執行役員に就任。重要な経営資源となった”データ”をグループ横断で最大限に活用するためのデータ戦略を構築し実行する役割を担う。
また2014年4月より、筑波大学大学院の客員准教授としてデータサイエンスに関して企業の即戦力となる人材育成にも従事する。2017年4月より、データサイエンティスト協会の理事に就任。

参加対象

  • クラウドエンジニア、インフラエンジニア
  • ITコンサルタント
  • IT企画
  • 開発エンジニア
  • など

類似しているイベント