トヨタの車はソフトウェアエンジニアが作る 〜Why Simple is So Complex〜

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 1158人 / 定員2000人

イベント内容

トヨタの車はソフトウェアエンジニアが作る
〜Why Simple is So Complex〜

概要

クルマは今、CASEと呼ばれる大きな波にもまれ、変革期を迎えています。
私たち人間が運転をしなくても車が安全に走る世界がそう遠い未来ではないのかもしれません。

MaaS、自動運転、スマートシティ…
CASEの中心にいるのは間違いなくヒトであり、ヒトが様々なものと“つながる”ことで、
便利な商品・サービスが提供されます。

様々なデータとヒト・クルマがリアルタイムに “つながる”仕組みを支えているのは、
紛れもなくソフトウェア技術です。

“つながる”ための様々な技術を研究開発しつつ、ヒトが安全にクルマを扱うために
いかにシンプルな形で提供するか。

今回はトヨタ自動車のコネクティッドカンパニーより、変革期を迎えるクルマ業界における、
ソフトウェア技術の研究・開発に関する取り組みについてお話しします。
インフラ、通信、UI/UXデザイン、データ基盤構築・解析、アプリケーション開発...
それぞれの技術者が協力しあいながら、大きなチャンスを活かそうとしている様子をお話しする予定です。

ご興味をお持ちいただいた方は、ぜひご参加ください。

なお、取り組みの全体像、とは言っても各技術についてはしっかりとお伝えする予定なので
エンジニア以外の方が聞くとちょっとわからないかもしれません。ご了承ください。


※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます

タイムスケジュール

時間 内容
19:30〜19:40 オープニング
19:40〜20:40

◇”コネクティッド”とは?

◇具体的な取り組みの紹介

・UI/UX開発  ・音声認識エージェント ・マルチメディアOS
・エッジコンピューティング ・OTA-SU
・データ分析(基盤)・活用 ・クラウドネイティブ  etc.

トヨタ自動車株式会社  村田 賢一
20:40〜21:00 Q&A
21:00〜21:10 最後のご案内(アンケート案内・次回予告)

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

村田 賢一       
トヨタ自動車株式会社
コネクティッドカンパニー BR-OTA推進室 室長
兼 ITS・コネクティッド統括部 主査(コネクティッド戦略担当)
兼 コネクティッド先行開発部 主査(コネクティッド先端技術担当)
2008年にトヨタ自動車へ中途入社。 前職は大手家電メーカーのソフトウェア開発を担当。BSデジタルテレビの初号機に搭載するソフトウェアや世界的なヒットを記録したゲーム機の開発にも携わる。トヨタに転職した理由は、知人から「クルマの電子化・情報化という大きなチャンスに関わってみないか」と誘われて。入社後はコネクティッド技術の先駆者としてさまざまな活動を展開。

参加対象

  • ソフトウェアエンジニア
  • デザイナー
  • PdM
  • ITコンサルタント
  • 先進技術研究開発者
  •      など

    参加する際の注意事項

  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください
  • 参加費

    無料

    本イベントは終了しました

    類似しているイベント