TOYOTA Developers Night 〜ソフトウェアエンジニアが革新するクルマ開発の伝統〜

参加枠申込形式参加費
一般
先着順 無料

イベント内容

TOYOTA Developers Night
〜ソフトウェアエンジニアが革新するクルマ開発の伝統〜

概要

クルマは今、CASEと呼ばれる大きな波にもまれ、変革期を迎えています。
第一回〜第三回はこのCASE、および UX/UI、コネクテッドカーを中心にした、先端技術活用事例についてお伝えしました。

今回は少し視点を変えて、それらを支えているクルマそのものの開発に注目したお話です。
なかなか社外で話されることのない、トヨタのクルマ開発の "今" についてです!
具体的な機能開発事例をもとに、現場が向き合っている日々の泥臭い挑戦についてお伝えします。

100年以上の自動車の歴史、トヨタ自動車としても創業から84年を数えています。
クルマがスマートフォンのようになろうとしている今、「匠と伝統の世界」と表現できそうな
トヨタの開発現場において、ソフトウェアの技術がどのようにカイゼンを後押ししているのか。

自動運転、エンジン、ハイブリッド、ボデー、シャシー、コックピットなど...全く異なる技術を持つ
エンジニアたちが、ソフトウェアとハードウェアをどのように作ろうとしているのか。
そのチャレンジの全体像についてお話しする予定です。

トヨタは今、着実に変化しています。
ハード中心のものづくりから、ソフトとハードが融合するものづくりができる組織に。

そのチャレンジの全体像についてお話しする予定です。
ご興味をお持ちいただいた方は、ぜひご参加ください。

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます

タイムスケジュール

時間 内容
19:30〜19:40 オープニング
19:40〜20:40

・トヨタという会社のフィロソフィー

・クルマという製品開発の面白さ、特殊さ

・トヨタ車のリアルな中身

・広がるソフトウェア技術者活躍の場

・事例紹介 (メーター機能設計を予定)

・事例紹介 (クルマのセキュリティを予定)

トヨタ自動車株式会社  長尾 洋平
            飯山 真一
20:40〜20:55 Q&A
20:55〜21:00 最後のご案内(アンケート案内・次回予告)

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

長尾 洋平
トヨタ自動車株式会社
制御電子プラットフォーム開発部 主査
兼 Woven CORE, Inc.
Senior Executive Advisor
2017年 トヨタ自動車へ中途入社。前職は電機メーカーにて自動車向け高信頼性ソフトウェアの製品開発に従事。開発したソフトウェアはいま、街中を走っている自動車に搭載されている。トヨタに転職した理由は、「ソフトウェア部品ではなく車そのものを開発したい」という気持ちを抑えきれず。入社後は自動運転関連システム設計、自動車のシステム設計に従事。
飯山 真一
トヨタ自動車株式会社
制御電子プラットフォーム開発部
制御ネットワーク・アーキ開発室 室長
兼 情報セキュリティ推進室 主査
2005年トヨタ自動車に入社。入社以来、車載ネットワーク技術・ソフトウェア部品に関する研究・先行開発・量産開発に従事。

参加対象

  • ソフトウェアエンジニア
  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • プロダクトマネージャー
  • ITコンサルタント
  • 先進技術研究開発者

など

参加する際の注意事項

  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください

参加費

無料

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

トヨタ自動車㈱
トヨタ自動車株式会社では面談のお申し込みを受け付けています。 Flutterによる開発にご興味のある方はもちろん、私たちのサービスや技術にご興味を持っていただける方とお話しできるのを楽しみにしています。 とにかく新しいことが好きで技術力を伸ばしたい人、クルマを支える技術についてもっと知りたい人、イベントを見て詳しい話を聞いてみたくなった人など、お気軽に面談にお申し込みください ※ この面談に選考要素はありません。

類似しているイベント