NIFTY TechDay#1① | ニフティ初のテックイベントを社内で開催します!

NIFTY TechDay#1① | ニフティ初のテックイベントを社内で開催します!
公開
2022/3/17-18にニフティ初のテックイベントを開催することになりました。 第一回は社員による社員のための完全手作りのイベントで、今まさに準備が佳境を迎えたところです。 今回は社内に閉じた内容ですが、次回以降は社外にも発信したいと考えています。お楽しみに! イベント名は「NIFTY TechDay」 第一回のテーマは「ニフティの技術で、全部かなえる。」です!

こんにちは!

突然ですが、2022/3/17-18にニフティ初のテックイベントを開催することになりました。
第一回は社員による社員のための完全手作りのイベントで、本日Day1のハッカソンの真っ最中です。
今回は社内に閉じた内容ですが、次回以降は社外にも発信したいと考えています。お楽しみに!

イベント名は「NIFTY TechDay」
第一回のテーマは「ニフティの技術で、全部かなえる。」です!
当日の様子もレポートしますので、ぜひコラムをチェックしてください。

なぜニフティは今テックイベントをやるのか

「なぜ今ニフティはテックイベントを企画したのか?」について、テックイベントの発案者である統括部長の最上さんに語っていただきました!

システム統括部 統括部長 / 最上 拓久

なぜテックイベントを企画したのか、ということですが、発想は結構シンプルです。
まず、私自身が会社としてオープンなコミュニティへ参加することの回帰待望論者であることです。
それと、このようなオープンなコミュニティへunofficialなかたちで参加をしている一部のエンジニアの声がリアルに聞こえてきたことで、機は熟したのかな、と。

こういったイベントはトップダウンでやるべきではないと個人的には思っています。主体性なく指示されてやることは長続きしませんし。
あるとき、次年度の計画や人材育成の話をグループ長たちと議論していた中で、「テックイベントを応援するからやってみれば?」的なことを軽く投げ掛けたら、どしどし人が釣れた・・・
うすうす気付いてはいましたが、潜在的にニーズはあったわけです。
しかも声があがったのは技術部門だけではなく、人事部門や広報部門からはテックイベントと連動していろんな企画を打ち出したい、社長からはもっと露出せよ、と。
やらない理由がなくなりました。

テックイベントがなぜ必要だと思っているか、背景や期待していることについては、長くなりますのでまた別の場でお話をしたいと思います。

既にLT大会やエンジニア向けの合宿、定例勉強会など多くのテック関連の取組みを実施しているニフティでしたが、もっと大掛かりなテックイベントをやりたい、という意見は社員同士で交わしていました。しかし、全社員参加のイベントとなると予算や時間の確保の難しさ等を考えてしまい、旗揚げまでに至れない状況だったので最上さんからお話をいただいた時は願ったりかなったりという想いでした。

「応援するからやってみれば?」の言葉の通り、NIFTY TechDay#1はニフティ社員が今一番やってみたいこと、語りたい話をコンテンツとしたイベントになりました!

NIFTY TechDayを皮切りに、ニフティの本質であるテクノロジーについてどんどん発信していきますのでこちらのイベントページをご覧ください。

NIFTY TechDay#1 はどんなイベントになるのか

続いて、最上さんから第一回のプロジェクトリーダーへ指名された伊達さんに「NIFTY TechDay#1はどんなイベントなのか?」を聞いてみました!

システム統括部 会員システムグループ シニアエンジニア / 伊達 乾

ニフティはインターネットという変化の激しい領域で長年事業を続けており、これまでその中では様々な技術的なチャレンジがありました。
ただ、ニフティのエンジニアはシャイなので、その思いや仕事についてなかなか外に向かって語ってきませんでした。
TechDayではニフティのエンジニア全部門の中から選ばれたスピーカーに思いの丈を存分に語ってもらい、日ごろの業務でつちかった技術や知見を広く共有する場をつくりたいと思っています。

「ニフティの技術で、全部かなえる。」をTechDay #1のテーマとしましたが、ビジネスにおいて何かをかなえるためには、いろいろな障壁、苦悩や葛藤、問題を乗り越えていかなければなりません。
それはいわゆるIT技術だけでなくその周囲に広がる人や組織や制度などを含めた広い領域にも相対することを意味し、エンジニアはその両方を相手取りながらビジネス上の価値を作っていくこととなります。
そんなニフティのエンジニアの格闘の姿を見れるイベントになるのではないかと私も期待しています。

伊達さんのコメントにあるように、ニフティはインターネット黎明期から技術力で成長してきた会社なんです。
ニフティが磨いてきた技術、作ってきたサービス、今後ありたい姿を発信することで刺激を受け、更にお客様へ価値をお届けできるようになる…そんなよい循環が生まれるイベントにしたいと思っています!

ニフティにはビジネス部門にもエンジニアがいたり、エンジニア以外にも技術力を駆使している社員がいます。
そんなニフティ社員のリアルな活動状況をイベントを通じてお伝えしていけるように、まずは社内でNIFTY TechDay#1を成功させるぞと意気込んでいます。

ニフティの社員ってどんな人がいるのかな?と気になった方は、ぜひリクルートサイトの社員インタビューをご覧ください。

ニフティでは一緒に働く仲間を募集中です

新卒採用、キャリア採用を実施しています。

ぜひリクルートサイトをご覧ください。
























テクノロジーと共に成長しよう、
活躍しよう。

TECH PLAYに登録すると、
スキルアップやキャリアアップのための
情報がもっと簡単に見つけられます。

面白そうなイベントを見つけたら
積極的に参加してみましょう。
ログインはこちら

タグからイベントをさがす